青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  75  76  77  78  79    >>|

2017年01月05日 06:16
東洋二十四節気 『小寒』 

本日、正午頃 太陽が山羊座15度に達します。
これを東洋暦では 「小寒」と呼びます。

ここから02月03日の節分までを「寒の内」と称し寒さがかさむ時となります。
「寒稽古」「寒中見舞い」はこれらの期内に為すので、その名称があります。

05日に日付が変ってすぐに月は牡羊座に入り その少し前には水星は射手座に戻っております。

これで 男女星座のバランスは戻ってきました。
ここから ようやく仕事にも身が入ってきそうな気配です!

そして今でも アスペクトの基調にあるのは 木星・天王星の180度にコンプロマイズの土星という事になります。
緊張から変化、そして安定 定着へという流れはまだまだ続きます!
ここでの健闘は空しくはありません。必ずや何かの形を残せますので、今日から気合を入れてがんばって行きましょう!!DSC_4375.jpg

コメント(12)

2017年01月04日 06:04
昨日16時過ぎに金星も魚座に

これで魚座に金星・海王星・火星・月そしてキロンまで勢揃いします。

特に月、金星、火星とはパーソナルな星といわれ、生活や恋愛などを具体的に現す天体とされます。
これらが魚座=海王星の影響下にあるということは、もの思いに耽って当然かもしれません。
一般的には本日から仕事始めとなりますが、まだまだ仕事モードには程遠いようです。

加えて逆行中の水星は、23時台に山羊座から射手座に入ってゆきます。
どのような天体でも星座の境目付近では、その影響力の切り替えが起こりますので、人に与える影響も少なからずあるのです。
山羊座の水星は熟慮 射手座の水星は早合点 といった切り替えがあるということもお忘れなく!

DSC_4356.jpg

コメント(13)

2017年01月03日 07:06
月・火星・海王星の重なり

本日は終日、標題のように月・火星・海王星の重なりが続きます。

これは 相当に気持が揺れる状態を表します。


月=気持
火星=情動
海王星=夢幻


これらがミックスされた状況をご想像ください!
もちろん個人によっては異なりますが これが恋愛に方向付けされたら大変なことになります。 
創作や表現活動にはもってこいかもしれません!
一般業務でも活かし方によっては如何様にでも使える座相です。

ちなみに昨夜は水瓶座最終度数にて月と金星がコンジャンクションしておりました。 ご覧になった方も多数いらっしゃると思いますが 冬の透き通った空気の中での この2つの天体のランデブーは とても凛としておりました! 今夜も晴天ならばご覧になれるはずです!


・・・・・・閑話休題・・・・・
少し昔のお正月のイメージといえばコタツに入ってみかんでも剥きながら 好きな人からの年賀状を何回も見直す といった情景かも知れませんが・・・・

そんな しっとりとした情感は最近では見られなくなりました。
元旦からお店は開いているし 大型店などは大バーゲン。
お若い方は信じられないでしょうが、私が学生の頃は初詣に行くと どこもやっている所などなく食事は家に帰らないと摂れないといった有様でした。

ましてや通信手段も格段に進歩して、年賀状だけが唯一の存在確認だったのですが、今ではなんでもありの連絡三昧!

こんなに大きく時代が動く時に生を受けたことは 非常に幸運なのかもしれません。生まれたときには家庭用テレビはなく SF物語がすべて
現実化され、世界はどこにでも行ける。

なんだかんだ言っても 素晴らしい時代だと思います。

DSC_4175.jpg

コメント(18)

前のページ  75  76  77  78  79    >>|