青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  75  76  77  78  79    >>|

2017年03月07日 06:12
蟹座の月

昨日22時少し前に月は本来の蟹座に帰還いたしました。
これで月の力は強くなり、感情の波が高まります。
これは 普段よりも感情のふり幅が大きくなるという暗示です。

この月が魚座11度にある海王星と120度を結んでゆきます。
これは ファンタジーや空想力が非常に高まることになります。
その後 夜半から明日未明にかけては魚座16~17度の太陽と120度を形成して、心は安定してゆくことも暗示しております。

しかし、海王星と120度をとった瞬間に一方では、牡羊座12度の金星とは90度という厳しい角度をもとります。
こちらは、愛情と気持ちの整合がつかず、心にも無いことを言ってしまったり、好きな気持ちを素直に表せないといった表れ方となります。


つまりは、心は妄想して、現実以上の期待をしてしまい、なかなか心が通じにくいといった現象となるのです。

夢の世界が現実にはなかなか通用しないといった感じかもしれません。
恋する気持ちに夢やファンタジーのフィルターを被せ過ぎないようにしましょう!!

DSC_5235.jpg

コメント(13)

2017年03月06日 06:29
金星逆行

昨日より、牡羊座13度の金星が逆行に転じております。
牡羊座とはもともと、金星にとってはあまり好ましい環境ではありません。

金星はヴィーナスですから、火星が象徴する荒々しい環境はあまり得意ではありません。
そんな中での逆行ですから、マイナス×マイナス はプラスになる?そんなこともありません。

これは愛情の確認や美しいものに対する価値観の見直し、点検というほどの暗示であります。

逆行を悪いものとはとらえないで下さい。
金星の公転周期は約220日。それでもホロスコープを一周するのは約1年です。
ですから、途中、地球から見て後戻りしないと、ホロスコープ上での計算が合わなくなってしまうのです。

とにかく、あまりご心配なさるには及びません。

DSC_5231.jpg

コメント(13)

2017年03月05日 06:09
啓蟄

本日 夕刻、太陽は魚座15度に進み、東洋二十四節気で言うところの『啓蟄』となります。


啓とは 啓蒙とか啓示など つまり~を理解させる 分らせる といった意味があり

蟄とは 穴に入った虫 を表しますから、 虫や獣に春の訪れを分らせる 知らせるといった意味を持ちます。


本日から 『卯』の月でもあります。
干支で言えば 癸卯 の月です。
卯と言う文字は 諸説ありますが 双葉の形で芽吹きの時なのです。


天体はというと 水星が13度に進み 海王星・水星・太陽と並びます。
水星と太陽は 一見太陽のほうが偉そうですが、水星にしてやられてしまうので、あまり喜ばしくないようです。(昨日の記事)

本日も引き続き、甘い言葉には 要注意なのです。
そして牡羊座で金星が逆行に入りました。

DSC_5108.jpg

コメント(3)

前のページ  75  76  77  78  79    >>|