青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  56  57  58  59  60    >>|

2018年02月01日 05:10
月と金星の180度

01月と02月をまたいでの月蝕で02月は始まりました。

真の満月=月蝕のピークは去りましたが、満月域は明日02日未明04時14分までで継続いたしますので、満月の興奮や高揚は本日も続く模様です。
本日は08時頃、月は水瓶座17度の金星とタイトな180度を形成いたします。

これは 不和 異性関係のもつれ などを暗示します。
月蝕での 心の動揺が人間関係に表れてしまうのかもしれません。

昨日に続き、ここでの争いは無為なものであることを納得して平穏に過ごす事を心がけてください。
今までの関係が壊れてしまうかもしれません。
どうぞ慎重に言葉や態度を選んで接する事をお勧め致します。

少しばかりオーブは広いですが、この月と金星の180度に蠍座の木星もTスクエアで絡んでおりますので、争いがどんどん大きくなっていってしまうことも考えられます。

友人同士の場合など周囲を二分してしまうような結果ともなりやすく、ご夫婦、恋人同士の場合でも家同士や親族との対立まで招いてしまいそうです。

02月は、このように最初から波乱含みな展開となります。
本日は、水瓶座に水星が入ったので、論理 仕事 システムなどには適性があります。
仕事モードで行くことに幸運の種子が宿る時であると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・
01月フォトコン
01月01日から昨日までの写真投票です。
今回からは 1位 2位は関係なく ご応募頂いた全員の方から抽選で お一人様に30分無料鑑定をプレゼントと言う事にさせていただきます。

ご応募はこちらまで、01月〇日とご記入くださいませ!

mailto:aoyama5gyo_go@yahoo.co.jp

DC_8995.jpg

コメント(22)

2018年01月31日 06:36
皆既月蝕!in獅子座11度@22:30頃

本日太陽は水瓶座11度に進みます。
その対向星座である獅子座11度には月があり、そして15度には蝕の交点=ドラゴンヘッドが存在します。

今回の月蝕は皆既で月が地球の影で真っ暗になります。

蝕の始め、つまり欠け始めは20時48分 

蝕の最大は        23時08分

蝕の終わりは   01日 00時11分

南東の空にて目視が可能となる 約3時間あまりの天体ショーであります。

古来より

日蝕は          為政者に不吉
月蝕は     民衆にとっての不吉 とされてきました。


今回の月蝕は、天球の蠍座から牡羊座までの半球に月以外の天体が集まっていて、月だけ反対の半球にあり、特殊なパターンであります。

各星座の大まかな影響です

牡羊座=新たな楽しみ
牡牛座=新たな生活観
双子座=新たなスキル
蟹座 =新たな経済手段
獅子座=新たな人生
乙女座=新たな葛藤
天秤座=新たな人間関係
蠍座 =新たなステータス
射手座=新たな自信
山羊座=新たな協力者
水瓶座=新たなパートナーシップ
魚座 =新たな任務

といった象意でありますが、言い方をかえれば、今までの・・・が通用しなくなってゆく時ともいえるのです。

本日24時00分 02月の各星座の運気 青山五行HPにアップいたします。

青山五行HPのトップページの星座マークをクリックしてください!!

PS:私は理由があって日蝕や月蝕は見ないことにしております。理由は秘密です。
もちろんご覧になることを反対するものではありません。
自由意志であります。

DC_8905.jpg

コメント(31)

2018年01月30日 06:54
02月前半概況2018

01日、水瓶座に水星が入ります。
水瓶座の水星は論理的要素を更に強くいたします。
受験シーズン ここでの詰め込みは効果あり!理解力は普段よりも増しています!!

01月31日の21時頃から01日の01時頃まで発生していた獅子座での月蝕の影響は、01日いっぱい残ります。
月蝕とは満月でもありますから、物事の完成や終焉を暗示するものであります。
それは人それぞれ異なりますが、言い換えれば新たな出発という事にもなりますので、気分一新という事が何事においても吉の作用をもたらすはずです。

01日は終日、月と金星が180度をとりますので、人間関係には慎重さを要します。


03日、月は乙女座後半を進んで行き、山羊座の冥王星とトラインとなりますので、心の修復が進んでゆきます。

04日、水瓶座21度に進んだ金星と蠍座21度の木星がタイトな90度を形成いたします。
これは浪費を表します。浪費が悪いとは申しませんが、何事も行き過ぎの傾向になってしまう暗示であります。
同じく04日の朝、太陽が水瓶座15度に達して、東洋二十四節気で云うところの『立春』となります。

07日、月が蠍座10度台に進んで行き、魚座13度付近の海王星とトラインとなります。
これは、良い状態での夢想、良き想像力、ロマンスなどを強く暗示いたします。

08日、蠍座で月と木星が重なり、物質的にも恵まれた一日となるのですが、下弦の月でもありますので、多少の行き違いには注意が必要となります。

09日、月が射手座で火星と並びます。
ここでは非常に活動力がアップします。
太陽や金星とも調和的ですので、恋に仕事に良き日となります。

11日11時21分、月は山羊座に入り、ここから13日まで、月と土星、冥王星の同一星座となります。
特に11日は月と土星が重なりますので、感情の抑圧傾向が強くなります。
社会性や常識に従う選択が吉となります。
独自性は一時封印すべき数日間です。
金星もこの日、魚座へと移動しますので、恋はセンチメンタルに傾いてゆきます。


14日00時12分、月は水瓶座へと入って行き、新月域となります。
ここで、気分は抑圧ムードから、自由奔放ムードへと様変わりしてゆきます。
14日のお目覚めからは、意識して明るく過ごされることをお勧め致します!!

DSC_8924.jpg

コメント(20)

前のページ  56  57  58  59  60    >>|