青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  54  55  56  57  58    >>|

2019年01月20日 05:24
太陽、水瓶座へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽が本日18時頃に水瓶座に入ります。
太陽は獅子座でその力を一番強くいたします。
その反対側の水瓶座では力を落とすことになります。

確かに獅子座期間07月22日~08日21日くらいは日差しは一番強く、水瓶座期間01月20~02月19日くらいは日差しは弱くなります。

獅子座が太陽の本来の座であることも頷けます。


現在、各星座の初期度数には天体はありませんので、太陽は言うところのノーアスペクト=他の天体と00度 60度 90度 120度 180度を組まないこと=でありますので、基本的活動が低調になるともいえます。

まあ 地域差はありますが、これだけ寒いと活動が鈍るのはいたし方ありません。

逆に月は本来の座である蟹座中盤を行きます。
こちらは力強く、山羊座の冥王星と180度を組みます。

昨日記しましたように、公私間の葛藤は本日が頂点となるようです。
仕事・付き合いVS家庭・プライベートの戦いです。

またご自身の中の矛盾や葛藤にもさいなまれることがあるかもしれません。


然しながら、金星と火星が120度を形成しているために、恋愛には非常に良い日ではあるのです。

DSC0033.jpg

コメント(16)

2019年01月19日 05:45
月が蟹座に帰還

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


西洋占星術で使うメジャーな天体は、太陽 月 水星 金星 火星 木星 土星 天王星 海王星  冥王星の10天体です。


この10天体 それぞれ居場所というか本来の座というものがあります。


例えば太陽=獅子座といった具合です。


月は蟹座が本拠地で、本拠地に入った天体は、その力を最大にいたします。


本日12時45分、約1ヶ月ぶりに月が蟹座に戻ります。
月の力がとても大きくなってゆく暗示となります。

月とは感情を支配するという事になっておりますので、人それぞれが、その人の中での感情の振れ幅が最大になるという暗示となるのです。

蟹座とは母性や家庭を表します。その対向には山羊座があり父性や社会を表します。

この山羊座には現在、太陽 土星 冥王星 水星とありますので 家庭=個人生活VS会社=社会との対立構造が浮き彫りになるときであります。

DSC_0037.jpg

コメント(20)

2019年01月18日 04:48
月と木星の180度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、双子座の月が正午には15度に進み、射手座の木星と180度となります。

180度とは、地球を挟んで2つの天体が対峙しあう状態をさします。
オポジションと称し反発やにらみ合いを暗示する座相ですが、先日、トラインの事を記した時に、同性星座という概念をあらわしました。


180度とは反発では有りますが、同性星座ですのでケンカのあとの仲直り的な、衝突した後、仲良くなる。といった暗示が含まれるので一概に悪い座相と判断するのは早急であります。
といって、歓迎されるか?ということでも無いので、時々の判断に因るを得ません。


この月と木星の場合は、木星は拡大を示し月は感情を表しますから、必要以上に心が高揚してしまう状態を暗示するものでありますから、映画やライブなどにはうってつけの座相となります。

しかしながら、落ち着き必要なことには、難しい座相といえます。


木星はゼウス
月はアルテミス

父と娘がちょっとした事で喧嘩をしている。
そんな図です。
直ぐに仲直りしてしまう事がわかっているような暗示なのです。

DSC_0008.jpg

コメント(9)

前のページ  54  55  56  57  58    >>|