青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  32  33  34  35  36    >>|

2018年02月11日 05:42
金星、魚座に入る

本日午前08時過ぎに金星が魚座へと入ってゆきます。
その後、11時21分には月は山羊座に入って、金星と月の調和的な角度が形成されてゆきます。

これは、人気運や温和な性格、人当たりのよさを暗示する座相でありますので、ランチタイムあたりからの仕事運や交友は非常に良きものとなってゆくと思います。

魚座に入った金星は、非常に繊細で耽美性も強くなりますが、山羊座の月が非常に現実味を帯びておりますので、感情の行き過ぎにも歯止めがかかり、程よいセンチメンタルさ、情の細かさ、優しさ、良き意味での自己犠牲 といった感じとなります。

夕刻には、月は山羊座05度にある土星とコンジャンクションに近づきます。こちらは感情の抑制という強い作用を持ちます。
楽しんではいけない、人を批判する、教条的になりすぎるといった弊害を持ちやすい時でありますから注意が必要となります。

昼の友好ムードとはがらっと変った宵となってゆきます。
尚且つ、山羊座05度にはリリスもありますので、根拠のない不安にも襲われがちになります。

リリスとは月の地球からの最遠隔座標です。
月が地球から遠くなると、人間は不安となり、人を求め異性を求め安らぎを見出そうとして、更なるトラブルなどのもととなるのです。

夕方からは充分な注意が必要です。

DSC_8899.jpg

コメント(5)

2018年02月10日 06:44
太陽と木星の90度

本日正午、太陽は水瓶座21度にあります。
蠍座22度にある木星と90度をとっています。

これはロアー・スクエアと称されるもので、木星に対して太陽がプラス90度にある状態を示します。


2017年07月6日が、太陽が蟹座14度にあり、木星が天秤座14度にあったので、これは木星に対して太陽がマイナス90度であったのでアッパー・スクエアと称します。


一説では、このアッパーの時に生じた問題に上手く対応していれば、ロアーの時に良き結果が表れる という事が言われております。

ですから昨年の夏頃に起こった問題が、ここでどうのような経過、または結果となっているか、お考えになってみるのも面白いのではないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
厳密には、これは出生の太陽に関して、トランジット(実際に動いている)の惑星が作る角度を言います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回できる、太陽と木星の90度は、ここで始めることには成功の可能性が強いという暗示となります。
90度というと、イメージ的にはディフィカルトな感じになりますが、木星が絡んだ90度とは、あまり厳しいものではなく、少しばかり調子に乗って、かえって上手くゆくという暗示が強くなります。

何が何でも90度は厳しいという図式は当てはまりません。

これは20日頃まで影響が強いと思います。
何かに着手するには良き時期ではないでしょうか?
これまで暖めてきたプランを実行に移す時期であります。

DSC_8895.jpg

コメント(20)

2018年02月09日 06:09
月と火星のコンジャンクション

昨夜22時54分に月は射手座に入りました。
そして、本日正午には射手座06度に進み、射手座08度にある火星と重なり始めます。

射手座の月は保護という色合いが強くでます。
誰かを保護しようとする気持が湧いてきたりもするようです。

射手座の火星は衝動の拡大といった暗示を含みますので、月と火星が射手座で出会うと、誰かを守ろうとする気持や、助けてあげたいという気持が強く出るようになります。

そしてその感情には昂奮や衝動、または官能が伴ってゆきます。

19時をまわる頃には、月は射手座10度に達し、魚座13度の海王星とスクエア=90度を作り始めます。
こちらは非常に敏感な心を表します。
ガラスのオルゴールのような繊細さで、強く触れれば壊れてしまうといった心の状態を表します。

上手く作用すれば、心の琴線に触れ合うことが出来ますが、上手くかみ合わないと非常にギクシャクした人間関係となるかもしれません。
これは夜が更けるのと比例して強まってゆく暗示でありますから、深夜のデートには万全の気遣いが必要となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・
01月フォトコンの当選者

ご当選 !!          櫻⭐⭐子さま   

DSC_9006.jpg

コメント(17)

前のページ  32  33  34  35  36    >>|