青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  23  24  25  26  27    >>|

2018年07月14日 04:18
月は獅子座へ、新月域解消

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日未明、02時32分に月は獅子座へと入って行きました。
これで 強い作用をもたらした蝕を含んだ新月域の終了であります。

本日からは新たな気持で、と思いきや、この月が水瓶座の火星と180度をとってゆきますので、人との口論や衝動的な態度、争いに発展しやすい状況は継続しております。


未だ太陽と冥王星もタイトな180度を崩してはいないので、頂上は過ぎたものの、いまだ9合目以上のところに位置しているような感じであります。


午前中は牡牛座の天王星と月が90度を形成して、精神的に少しタイトな状況かもしれませんが、土曜日ですの少しは救いがあるのかもしれません。


一方では、乙女座04度の金星と山羊座04度の土星がタイトなトライン=120度を結んでおります。
こちらは同情的  人情味溢れる 安定した人間関係と言う強い暗示であります。
更には牡牛座の天王星も加わり、非常に特別な人間関係が築かれてゆくといった暗示も強く有ります。

常に矛盾した暗示が天界にも地上にも振りまかれるのであります。

・・・・・・07月後半概況・・・・・・・
07月も後半となり、本格的夏が始まります。
やはり夏休みシーズンは、一番の夏の盛りと申せましょう。

15日、太陽は蟹座22度にあり、山羊座冥王星との対峙を解いてはいません。

そのために、対人関係での軋轢という暗示が潜在しています。
今流行の言葉、マウンティング。
これが世間に蔓延する時となります。


一方、牡牛座の天王星と山羊座の土星の120度は健在で、
偉大なる任務の遂行 という、文字通りの暗示が長期に亘って継続しております。


16日、乙女座にて月と金星が重なります。
こちらは人とのスムーズな交流が期待されます。
特に、ビジネス上の関係に良い影響がある時となります。
しかし一方では月と海王星が対峙する為に、あらぬ期待を持たれたりする場合もありますので、個人的接近には注意が必要な時でもあります!


20日、月は蠍座に入り、木星と同一星座となりますので、22日までは基本的には楽観的な時間が流れるでしょう。
夢は膨らみ、それを実現するための具体的な足がかりが掴めるかもしれません。

23日、太陽が獅子座に進みます。
東洋二十四節気で言うところの『大暑』となります。
太陽が本来の座である獅子座で、大いに輝きを増します!

これにより、水瓶座を行く火星と180度の関係となり、無分別・暴力的・孤立 などの暗示が強くなります。
ちょうど夏休み期間でもありますから、子供の動向には充分に気を配りましょう。


25日、月が山羊座に入って土星と重なり、続いて冥王星にも接近して行きますので、少しばかり制限やプレッシャーの多い数日となります。


26日、獅子座を行く水星が逆行を開始いたします。
この影響は星座ごとに異なりますので、各星座の運気にそれぞれ記します。

27日19時42分、月が水瓶座に入り満月域となります。
月は火星とも重なってゆきますので、反抗心や自暴自棄、事故などには、充分な注意が必要です。


28日05時22分、水瓶座04度にて満月となります。
この満月は、太陽-地球-月の順に正確に並ぶので、月蝕となります。
つまり、地球の影が月に落ちると言うことであります。

東京では、西の空に欠けながら沈んでいく月を見ることができます。
この月はリリスに近いので、2018年最小の満月です。

この満月には、牡牛座の天王星が90度にて割り込みますので、衝動性が強くなり、離反や仲たがいが起こりやすい状態となります。

ましてや、火星を含む満月。
これに蠍座の木星も加味すると、不動宮のグランドクロスとなります。

30日、08時29分に月は魚座に入り、満月域は解消して緊張は解けてゆきます。

◎本日24時に各星座の詳細を青山五行HPにアップいたします!

SC_0768.jpg

コメント(17)

2018年07月13日 05:29
日蝕@蟹座20度、冥王星との対峙

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日 日本では11時50分ころから月と太陽が重なりだします。
これは蟹座20度で起こり、ドラゴンヘッドは約16度離れたところにありますので、日本では月が太陽を遮ることはありませんが、オーストラリア南部、南極などでは部分日蝕となります。


日蝕とは古来より為政者にとっての不吉を表すものとされましたので、南半球ではそのような暗示が強まります。


この蟹座20度の新月は、山羊座20度の冥王星とタイトな180度を形成いたします。

太陽と冥王星の180度=抑圧 他への強制力 大きなプレッシャー
月と冥王星の180度=予想外の変化

これらを総合して、大きな制約や対立の構図が強く暗示される新月となるのです。


山羊座を社会 蟹座を家庭ととらえるならば、公私間の強烈な葛藤が生じる暗示であります。


仕事をとるか 家庭を取るか?
単身赴任が決定され、会社を辞めるか 愛する人と離れるかなどの葛藤が生じそうです。


単なる新月の強いものと考えれば、ここで縁の生じたものは、末永く続くという暗示でもあります。

DSC_1181.jpg

コメント(17)

2018年07月12日 06:03
月は蟹座に新月域に! 日蝕前夜!

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日未明、03時丁度に月は本来の場所である蟹座に入りました。蟹座に入った月はその勢力を最大にいたします。


太陽も蟹座にあり新月域となりましたが、対向星座である山羊座20度には冥王星が控えているので、太陽・月のコンジャンクションと冥王星の戦いが始まるといえます。


本日、午前中は月は山羊座の土星と180度となっておりますので、気持の抑圧感が大きくなるようです。
特に公私間での葛藤は肥大化してゆきます。


これはまだ序の口で、明日の新月時には新月と冥王星の対峙となりますので、気持は大きく変動してゆくことになります。


よく言えば 日蝕は大きな契機となる 暗示であります。


古来から日蝕は 支配者である太陽が隠されることになりますから、為政者にとっては危険で不吉とされておりました。

指導的立場の方はクーデターに注意です!

DSC_1172.jpg

コメント(24)

前のページ  23  24  25  26  27    >>|