青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  22  23  24  25  26    >>|

2017年11月11日 05:58
下弦の月

本日、月は獅子座にあり未明には蠍座の太陽と90度を形成しました。
これは新月に向かう途中の半月ですので「下弦の月」となります。

獅子座と蠍座は不動宮といって、文字通り頑固な星座です。
獅子座は尊大  蠍座も自己を曲げません。

感情を表す月と主体である太陽が、お互いに主張して譲らない状況が半月といえます。
つまり、気持と行動が一致しずらいという事を暗示するのです。

ですから本日は矛盾や葛藤が支配しがちとなりますので、充分にそれを意識なされて、対人関係などには注意を払うことが有効になると思います。


夕刻になると、月は獅子座25度に進み牡羊座25度の天王星とトライン=120度を形成しますので、気持に良き変化やヒラメキなどが生まれ、すっきりとした心理状態になって行くことが暗示されます。
加えて、射手座25度の土星とも120度を作るので、月と天王星と土星の正三角形、つまりグランドトラインが作られ、安定という暗示が強くなります。

ですから本日はアフター5に重きを置かれることをお勧め致します!

ちなみに 台北は昨日、30度でした!!

さすがに亜熱帯 長袖では汗ばみます。本日は淡水方面から九分へと足をのばします。 予想気温は26度だそうです。

DC_2415.jpg

コメント(8)

2017年11月10日 05:01
青山五行台湾開運ツアー

これから成田より台北に向かいます。
13日までの滞在であります。
俗に言うパワースポットという訳ではないのですが、観光客はあまり行かないポイントに今回も足を運ぶ予定です。

その場所に行けば幸運となる的な発想は如何なものかと思いますので、あまり吹聴はいたしませんが、私にとっては、やはり台湾は郷愁や惜情をかき立てられるところであります。


私は両親とも関東の生まれですので、大きく分ければ、黒潮族ではないかと思います。

つまり南方海洋民族系、ミンダナオ フィリッピン辺りから潮流にのてやってきた何万年まえの黒潮族系なので、そのルーツである台湾に惹かれるのかもしれません。


本日は金星は蠍座03度、木星は蠍座06度にあり、13日の蠍座07度でのコンジャンクションに向かい進みます。


私事ですが、射手座の守護星は木星ですから、そこに金星=ビーナスが近づくのは、大きな吉兆かと自己暗示にかけております。
これを考えて台湾ツアーを企画したわけではないのですが、偶然にもラッキーだったと思います。
もちろん全ての方にこの暗示は有効です。

金星と木星のコンジャンクションの吉兆=優雅 贅沢 良き恋愛関係などを意識なさってみるのもよいかと思います。

では 明日は台北の景色写真を添えて星の配置をお伝えいたしたいと思います。


//////////////////////////////////

・・・・・・12月各星座別詳細運気頒布・・・・・・

    12月詳細運気を西洋占星術とタロットで!
     
ご希望の方はメールにて「12月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を記して御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします

DSC_7895.jpg

コメント(17)

2017年11月09日 06:28
太陽が蠍座17度に進み冥王星と60度=復活

本日、14時過ぎに太陽は蠍座17度台へと入って行きます。
これで山羊座17度の冥王星とタイトな60度を形成いたします。
この暗示は 復活 再興 活力 新たな局面を切り開く という素晴らしいものであります。

太陽のある蠍座には、木星、金星も入っており、蠍座が非常に強くなっております。
蠍座の守護星は冥王星で、蠍座の意味も再生ということですから、このような暗示が更に強くなる時となります。

過去に失敗してしまったこと 過去に着手できなったこと 過去に言いたくてもいえなかった事などを ここでもう一度 試してみては如何でしょうか?

もちろん100%の保証なんてありませんが、普段よりは確率が上がっていることを信じます。

実際、この座相=太陽と冥王星の60度や120度を出生図にお持ちの方は、倒れても その後の復活を成し遂げている例が多いのです。
旧に倍しての復活という暗示ですから、思いもかけない成功を手にする可能性があるのです。


出生図に無くとも、このように実際の天体の運行でこのようなアスペクトが描かれれば、その期間は誰もが均等にそのような力を手にするのだと考えております。

SC_7872.jpg

コメント(18)

前のページ  22  23  24  25  26    >>|