青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  118  119  120  121  122  

2017年07月21日 05:04
太陽と天王星の90度

23日00時過ぎに太陽が獅子座に入るまで、つまり本日と明日いっぱいは 太陽と天王星がタイトなスクエアとなります。

この意味は、前出ではありますが、頑固 独裁 離反などを暗示する座相であります。

蟹座の太陽はとても、テリトリー意識が強く、牡羊座の天王星は革新そのものの風を帯びます。
自分で作り上げてきたものを、組み替えられることに対する抵抗感が生まれるのです。

月は本日、17時11分に蟹座に入ります。
一時的に太陽と月が同一星座で新月域の状態となり、更に縄張り意識や連帯意識が強まってゆくのです。

ですから夕刻からは、更に緊張感は増してゆくので、本日のビジネス・ディナーなどは、細心の注意を要するものとなります!

加えて 昨日記したように、火星は獅子座で単独暴走をしております。
身勝手と保守、革新が複雑に入り混じった本日の座相、全ては静観でゆくということが、一番の良策かもしれません。

・・・・・・08月各星座別詳細運気頒布・・・・・・

    08月詳細運気を西洋占星術とタロットで!
     
ご希望の方はメールにて「08月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を記して御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

DSC_6146.jpg

コメント(28)

2017年07月20日 06:53
夜半 火星が獅子座に移動

今夜21時過ぎに、火星が獅子座に移ります。
獅子座に入った火星は強烈な欲望を持つ事になります。

約2年ぶりの獅子座火星期です。
今の時期、各星座の初期度数には天体がなくて、当分の間、火星は月以外とはノーアスペクトとなり、火星は野放し状態といったところ。
23日に太陽が獅子座に入り、ここから一週間くらいは、更に火星の凶暴性が目立つ感が強くなります。

ですから、この暑い最中に焦燥感は増して、事故やミスが多発しやすいときとなります。

本日は、双子座で月と金星が同星座で、少しばかりは、穏やかな気持も生まれますが、明日17時11分には、月は蟹座に入り、金星との均衡も崩れて、少しばかり不穏な空気が漂い始めます。

小さなトラブルが大きくならないように注意する時であります。

・・・・・・08月各星座別詳細運気頒布・・・・・・

    08月詳細運気を西洋占星術とタロットで!
     
ご希望の方はメールにて「08月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を記して御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

SC_6142.jpg

コメント(11)

2017年07月19日 06:53
太陽と火星の重なり

太陽が蟹座26度~27度を進んでおります。
蟹座29度の火星とコンジャンクションとなっております。


これは 活動力 闘争心 勇気 わがまま リーダーシップ 躍動感 などの暗示となります。

16時30分頃までは 月は牡牛座にありますので、この太陽と火星の暗示が良き方向性を持って 有益となります。

例えば 問題解決のために苦手な方との面談には 勇気が湧いて 乗り込んでゆく気になれたりします。

部下に良き手本を示す為に 多少無理をして存在感を示したり・・・

勇気(蛮勇)を奮うのも夕刻までは有効かもしれません。


一方で、この太陽と火星の重なりと、牡羊座28度の天王星は90度をとります。
こちらは頑固、強硬手段、分裂、事故などを表す座相となります。

16時30分以降の、無理な動きは、損に通じるかも知れません。
無理は禁物、ほどほどで引き上げるべきです。

この火星と太陽のコンジャンクションが天王星と90度という座相は、結構、怖い作用を持つものだと考えます。
これは本日、明日と継続いたしますので要注意です。

・・・・・・08月各星座別詳細運気頒布・・・・・・

    08月詳細運気を西洋占星術とタロットで!
     
ご希望の方はメールにて「08月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を記して御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

DSC_6154.jpg

コメント(4)

前のページ  118  119  120  121  122