青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  116  117  118  119  120    >>|

2016年02月02日 05:42
太陽・土星の60度

太陽が本日夕刻には水瓶座13度に達します。
そうすると、射手座14度を行く土星とタイトな60度を形成してゆく事になります。

この太陽と土星の60度の暗示とは、方向性が決まってくる ということになります。

太陽の意志は 水瓶座的な革新・先進的です。
そこに射手座土星が自由という方向性をもたらします。

少しばかり解釈に矛盾が生じますが 私はそれで良いと思います。
土星のイメージと自由はそぐわない・・・??

居場所によって土星も寛容性、自由さは感じられるものだと思います。


そのようなわけで 本日はご自分の方向性に 現実的にハンドルが切られてゆくといったタイミングとなるのではないでしょうか?

DSC_9582.jpg

コメント(14)

2016年02月01日 05:32
月の多彩な座相

昨日はこれといった座相を持たなかった月も 本日は多彩すぎる座相を形成してゆきます。

まずは、日の出の頃から、魚座08度の海王星と120度をとります。
これは想像力 妄想力が非常に良き方向に進展してゆくということです。
ここで月に弾みがつきます。
その勢いを借りて、09時頃には金星と60度。人気運と愛情運の向上を表します。

そして 11時過ぎには半月=下弦の月となります。
こちらは ちょっと緊張を表す座相です。

しかし その緊張も束の間、15時頃から月は火星に近づき、胸はドキドキし始めます。
蠍座で月と火星が重なるということは 多くても2年に2回有るか無いかのことです! 2年に一度の座相と考えていただいてよろしいと思います。

つまり官能的な蠍座で情熱の火星が感情を表す月と重なるのです。
ロマンチックを通り越して 官能的に傾きすぎるようです。
これを更に助長するのが、山羊座16度の冥王星です。
冥王星と月・火星の合が60度になる。これは冥王星の再生力と情熱が上手くマッチして、持続性を持つという事になるからです。


本日 月初め 週はじめでありながらこのような座相、如何いたしましょう!?

DSC_9674.jpg

コメント(23)

2016年01月31日 07:00
月は蠍座へ

本日 12時51分 月は蠍座へ入ります。
日没時にも蠍座03度までしか進みませんので 本日、月はこれといった座相をとりません。

蠍座の月とは 情念の持続 という意味合いがあります。
よく言えば 深い愛 逆な見方では怨念に近い感情でもあります。

蠍座は 死を表す星座です。
冥王星の統治でもありますので 正確には 死と再生 ということになります。

水の星座に属しますので 情 ということがコンシャスされます。

そして 不動宮にあたりますので頑固です。


つまり 死に備えるために頑迷に生殖ということに強い意志を持ち、そのために怨念に近い強い愛情を持ち なおかつ自分を曲げない。
そんな 気風が月に乗り移ります。

どんな方でも 少しはこの影響を受けるのではないかと思います。


月がこれといったアスペクトをとらない本日は このような月の素のままの状態が出てきそうな そんな暗示です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日24時 02月前半 各星座の運気リリースいたします。 

まずは概況のみ

2月は 『下弦』で始まります。
01日 正午過ぎ 月は蠍座11度に達し水瓶座11度の太陽と90度を形成、半月となります。

この後、月は直ぐに蠍座15度の火星とコンジャンクション。
反発や高揚や とにかく気持ちの揺れ幅が大きくなる傾向にあります。

順行に戻った水星は山羊座17度にあり 未だ冥王星とはコンジャンクション状態。
このコンジャンクションに火星が60度に入ってきますから、持続力や胆力はついてくるということになります。

04日は『立春』太陽は水瓶座15度にあり 太陽黄径315度となります。
ここで土用も終了。土木工事 土いじり 草木の植え替え 解禁です。

05日 月が山羊座に入ります。
ここで山羊座には 月、金星、冥王星、水星と並びます。
保守色が強くなります。これは07日に月が水瓶座に出てゆくまで続きます。

07日の15時 月は水瓶座へと入って行き、新月域となります。

そして08日の23時40分 水瓶座19度にて月と太陽はぴったりと重なり新月となります。
立春から最初の新月ですから 中華圏の「春節」となります。

この新月に対応するのは 蠍座18度の火星です。
少しばかり焦燥感のある新月となるかもしれません。
人と争いやすい傾向になりますが新春早々 争いごとは控えておきましょう。

09日17時32分 月は魚座に移行して新月域の終了です。


10日 魚座の月と海王星が重なります。一月に一度のこの座相。
やはり耽美的傾向が強くなりロマンティックには良き座相となります。
一方で山羊座21度の金星と逆行なれど乙女座21度の木星が120度、これは素晴らしい暗示となります。
物心共に繁栄する暗示でもあり、男女の交流にも最適な座相となります。
この120度の中間に蠍座19度の火星があり、小三角形を作っております。これは男女間のエナジーの交換がスムーズに行くという暗示となります。
恋愛などには非常に適した座相となります。

14日 バレンタインデー この日、月は牡牛座にあり 昼頃は海王星と60度なので とても夢見がちな良き雰囲気が漂います。
水星は水瓶座に入り博愛精神を身にまといます。
しかし 夜半に月が牡牛座中盤以降に進む頃 蠍座21度の火星と180度をとってゆきます。
22時を過ぎる頃には 短気 喧嘩 反抗的な雰囲気が強く出てきます。
バレンタインデートはシンデレラリバティーで正解です。
馬車がかぼちゃに戻ってしまう時間までには帰りましょう。
長く一緒にいるよりも 次の会う約束をしましょう!

DSC_9641.jpg

コメント(4)

前のページ  116  117  118  119  120    >>|