青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  116  117  118  119  120    >>|

2015年12月23日 06:00
月は双子座へ

本日 11時32分 月は双子座へと入ってゆきます。
双子座の月の特徴は、饒舌ということになりますが、昨日、山羊座に入った太陽は、どちらかといえば沈黙気味です。

そのあたりの葛藤が一日を支配する雰囲気です。


日が沈んでからは 月は多彩なアスペクトをとりだします。

先ずは魚座07度の海王星との90度。これは20時くらいから始まりますが、感情が敏感になりすぎたり 心配しすぎたりと少しばかり小心者になってしまう傾向です。

更に深夜には 土星と180度に入ってゆきます。
こちらは 感情にいろいろな制約がかかることを暗示します。
憂鬱、不安の先行、コンプレックスの芽生えなど堂々巡りをしてしまいそうです。

今夜はあれこれ悩まないで 早く寝てしまうことが何よりです!
明日は本日よりはスムーズな日となりそうですのでご期待ください。


23日、休日ですので いろいろのご予定のある方、このあたりのことを踏まえてお過ごしになれば大過は無いと思います。

DSC_9233.jpg

コメント(9)

2015年12月22日 06:01
太陽は山羊座へ その意味は「冬至」

本日太陽は黄径270度に進みます。これは太陽が山羊座に入ることを示します。

東洋暦二十四節気では『冬至』ということになります。


本日から『陽遁』つまり昼の日が長くなってゆくという、お目出度い暗示があります。


山羊座に入った太陽は、冥王星と同室になります。
これは一ヶ月続く暗示となりますが 再生や復活 がコンシャスされます。
まさに太陽の力が甦るということを強く暗示するものです。
つまり生命力の蘇りです。


本日は月と水星・冥王星のトラインが続きますので、気持ちも現実も好調さが支配的になるようです。
夜半に月は木星とも120度をとりますので、物心共に幸福感が支配することが多くなります。

しかし、蠍座の金星とは180度を作るので、人気があるゆえの調子に乗りすぎには注意が必要です。
謙虚にすべてを受け止めれば素晴らしい日となります。


注・実際の計測では冬至が最も昼が短いということにはならない場合もあります。

DSC_9146.jpg

コメント(24)

2015年12月21日 06:11
月は牡牛座へ

昨日の気持ちの高ぶりも、本日09時14分に月が牡牛座に入ると、霧散してゆくようです。
月が牡羊座にある早朝も、射手座の太陽と牡羊座最終度数付近を行く月は120度をとっていますので、好調な一日の始まりとなるようです。

本日は冬至前の、日の落ちる時間が最も早いとされる時です。

「陰遁」といって 夜が長くなってゆく時期の最後の日となります。
明日の冬至からは 「陽遁」に転じ、昼の時間が長くなってゆくので、冬至は世界中でお祭りがあります。
北欧などでは一番のお目出度い日とされています。
その派生版がクリスマスということになるのでしょう。

イエスの誕生もそれは素晴らしいことですが、それと冬至の希望を重ね合わせて出来た 一大イベントなのでしょう。


ですから、本日までの陰に向かう雰囲気は 明日からは開放されると信じることが大切です。
気分だけでも切り替えれば 運気も上向きになります。DSC_91a95.jpg

コメント(8)

前のページ  116  117  118  119  120    >>|