青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  3  4  5  6  7    >>|

2022年01月14日 06:36
01月後半概況2022

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・ 

本日24時 各星座の01月後半運気リリース!

 

15日から19日まで、太陽と冥王星が山羊座にて接近の座相となります。
これは、カリスマ性や独自性 強い個性を表すものです。
加えて 復活と言った暗示も高くなりますので、再チャレンジには良き期間となります。

そして、もう一つのトピックは蝕の交点座標であるドランゴンヘッドが19日に双子座から牡牛座へと移ります。

2020年05月初旬に蟹座から双子座に移り、約20ヶ月の滞在を経て移行して行きました。

この20ヶ月は 双子座と射手座の間で日蝕 月蝕が生じて、この両星座の方々には大きな人生の変容がもたらされましたが、それもここで終焉を迎え こののち約18年経たないとドラゴンヘッドは 双子座には戻ってきません。

という事は 18年に一度の大きな 射手座 双子座の変革期であったのです。

これからは 牡牛座と蠍座の方に大きな変化が生ずる20ヶ月となるのです。


18日、蟹座27度にて満月が形成されます。
この時、山羊座27度の太陽 26度の冥王星共に月と対峙致しますので、公私間の葛藤の強い時となります。

仕事優先か?個人生活を優先か? 大いに迷う時であります。


20日正午には太陽が水瓶座に入ります。
これを東洋二十四節気では「大寒」と称します。
ここで太陽と冥王星の接近の座相は解消されます。

25日、火星が山羊座に入ります。
これにて金星と火星の同一星座となり、冬のソナタならぬ
多くの恋物語が始まる暗示となります。

29日には長らく山羊座を逆行していた金星が順行にもどります。同時に月と重なりますので、人との付き合いに進展が始まって行きます。

31日夕刻には月が水瓶座に入り新月域となり、新月は02月01日14時50分となります。

DSC0191.jpg

 

コメント(9)

2022年01月13日 06:27
月は双子座へ

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・ 

本日、正午を過ぎた頃に月は双子座へ入って行きます。

双子座の月は 非常に知性を帯びますので、気持ちは穏やかと言う事なのですが、魚座03度に有る木星が、この月と90度という、少しばかり厄介な座相を作ります。


双子座の月=冷静

魚座の木星=たっぷりとした情緒


この様なねじれの関係となって、気持ちが膨らみすぎて、全てがオーバーな表現などに繋がってしまう可能性が高まるのです。


月と木星なので いつも記します様に

月=アルテミス
木星=ゼウス

この父と娘のちょっとた気持ちのズレからくる 愛らしいケンカのようなものですから、多少の拗ねたりするくらいで終らせるようにいたしましょう。

DSC_0215.jpg

コメント(10)

2022年01月12日 06:29
月と冥王星の120度=気持ちの建て直し

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・ 


本日、月は牡牛座後半を進みます。
これによって 山羊座26度にある冥王星と120度という好バランスを組んでゆく事になります。

冥王星がバランスよくアスペクトすると 修復や復活といった素晴らしい暗示となります。


月は気持ち 感情を表すものですので、全ての人の 心の傷の修復や 明るい気持ちの復活などを暗示するものとなります。


意識すれば この効果は必ずや現われると思います。


一方では昨日記しました火星と海王星の90度も健在、不健全な思いより離脱するタイミングでも有ります。


意識して過ごせば必ずや 心の修正は出来てゆきます。

DSC_2968sp.jpg

コメント(6)

前のページ  3  4  5  6  7    >>|