青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  116  117  118  119  120    >>|

2021年02月02日 06:03
福は内!! 本日は節分、明日から立春であります。

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・・

昨夜 水瓶座に金星が入り、これで水瓶座に金星、土星、木星、太陽、水星の5天体が並ぶことになりました。


このなかで、本日、太陽は水瓶座13度にあり牡牛座13度の火星とスクエア=90度を形成しております。
これは、行動の方向性がなかなか定まらないと言った暗示となりますので、空回りや徒労が多い時期となります。


火星は牡牛座を心地良い場所と為せずに、その力を有益な方向になかなか使う事が出来ないようです。
これも相まって、ビジョンと行動が一致しないと言う現状に至ってしまうのであります。


月は本日は天秤座を行きますので、水瓶座の天体群とは良きバランスですので気持ちの平衡は保たれそうですが、やはり行動とは齟齬が生じる傾向となります。

DC_0042.jpg

コメント(0)

2021年02月01日 06:01
暦の上ではFEBRUARY

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・・

02月前半各星座の運気アップしております!!

2021年も早2月となりました。
昔から 二月は逃げる といわれるように 28日間しか有りませんから、あっという間に終ってしまいます。

本日、月は乙女座最終度数を行き、魚座の海王星と180度形成して行きますので、何となく耽美的ムードが漂います。
そして現実逃避的な感覚が強くなって行きます。

月が天秤座に入るのは20時26分ですので、その時刻までは恋に拘ったり、異様に人に執着したりする気分が満載となります。


そして23時頃に金星が水瓶座に入ってゆくと、気分はやっと冷静さを取り戻してゆく事になります。

夜になって冷静になるというのも面白い現象であります。
まるで DAYDREAM BELIEVER な一日であります!

DSC_0351.jpg

 

 

 

コメント(8)

2021年01月31日 06:49
02月前半概況2021

・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

クリック

・・・・・・・・・・・・

本日24時 02月前半各星座の運気アップいたします!!

混乱の世相の中でも時間は流れ、02月となりました。
牡牛座にある天王星が2027年までの間に大きく世界の経済体制を変革しようとして働きます。
2024年まで山羊座を行く冥王星も、社会体制の大きなスクラップ&ビルドを遂行して行きます。

これらの具体的な戦略が世界的な疫厄とは、全く、星の力というか、星の動きどおりに大きな時間は流れてゆくのだという事を感嘆せずにはいられません。

これはともかくとして 02月の星の動きを追ってゆきます。

01日、金星が水瓶座へと入り、ここに土星、木星、金星、水星、太陽と並びます。
まさに水瓶座的な雰囲気=革新 デジタル 通信 独自性 自分勝手 奇行などといった面が強まってゆく時となります。

02日、太陽が水瓶座14度に進み、立春前夜の節分となります。

03日、太陽が水瓶座15度に進み、東洋二十四節気での『立春』となります。

06日、水瓶座にて金星と土星が重なります。これは重たい愛情といった意味になりますので、あちこちで深刻な恋の今後の展開に、真剣な会話が生じる時となります。

10日、月も水瓶座に入り新月域が形成されます。
この時点で水瓶座には前述の5天体に加えて月も揃いますので12日16時24分まで、水瓶座の暗示が更に強まる時となります。

12日 そんな中で太陽と月が重なる新月が形成されます。
ここでは新機軸の打ち出しが有効であります。


14日、このような世相の中でもバレンタイン。
魚座にて月と海王星も接近してゆきますので、ある意味、とてもロマンチックな時が流れるのでしょう。

この期間を通して、根底に流れるものは水瓶座06度の土星と牡牛座07度の天王星のスクエア=90度であります。
この暗示は 社会の混乱 利己主義 緊張と対立 保守と革新の争い といったものとなりますので、停滞感の強い時となるのです。

DSC_0330.jpg

コメント(4)

前のページ  116  117  118  119  120    >>|