青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  89  90  91  92  93    >>|

2016年03月12日 05:40
月は牡牛座へ 金星は魚座へ

本日04時44分 月は牡牛座へ入りました。
これにアスペクトする天体はありませんが 夕刻には魚座の海王星と60度をとりますので、想像力豊かな宵となってゆくでしょう。

そして更に18時30分頃には金星が魚座に入ってゆきます。
魚座には太陽、水星、海王星、キロンとありますので、情緒的耽溺性が高まってゆくのではないかと思われます。

つまり やけに人恋しくなったり センチメンタルになったり 郷愁を誘うことになりそうです。

本日は土曜日ですので それに浸ってしまうのもよいかもしれません。

注意としては魚座に入った金星は射手座の火星と90度をとります。
これは恋人間ではなかなか意志の疎通がスムーズに行かない状態を暗示する場合があります。
ここから数日間は男女関係においては気配りが必要になってまいります。
自分勝手な感情を押し付けたりするのは禁忌です。

DSC_99s33.jpg

コメント(26)

2016年03月11日 05:33
0311・月と天王星の合が冥王星を刺激する

本日、牡羊座後半度数を行く月が09時頃より天王星とコンジャンクションをとります。
そして 天王星と冥王星の90度の厳しい座相を更に強調します。

つまり 不如意 反社会的行為 狂乱 など
1930年代この座相が出来ていた時 アメリカでは大恐慌のはしり、ヨーロッパではファシズムが台頭して来ました。

つまり 不如意に狂信 ということです。

通信や情報が発達した今でも 同じようなことが起こる。
それは人間の基本は何も変わっていないということの証ではないでしょうか。

本日は2011年より形成されている 頂点は過ぎたが今なお影響のある天王星と冥王星のスクエアが月によって刺激され 社会にも個人にも何らかの不安要素を植えつけたりする可能性があります。
ここであまり 狂信的 偏向的にならないことが肝心です。

ちょうど5年前の2011年03月11日 天王星は魚座最終度数にありました。12日からは牡羊座に入るというその変わり目で、震災となったのです。
土星以遠の惑星が星座を変える時には要注意という事が机上の論理ではないという事になるかもしれません。


多くの犠牲と今なお続く犠牲に心より合掌をいたします。

DSC_9929.jpg

コメント(13)

2016年03月10日 06:26
月は牡羊座に


新月域は本日04時41分に月が牡羊座に入ったことで解消となりました。

もちろん蝕の時に起こったことの後遺症としての症状は継続してゆくと思われますが 一段落はしたと思います。

本日午前中は、射手座の初期度数の火星と牡羊座の月の120度で行動的な雰囲気が漂うはずです。
もちろん 蝕が終わったといえ、木星と太陽の180度も健在ですし、隠然とした勢力を持つ冥王星と天王星の90度もまだ有効です。

特に冥王星と天王星の90度が絡んだ日蝕での影響は、約半年間は残ると思います。
2011年からのカーディナル・クライマックスの基軸ともなった、この天王星・冥王星のスクエアが最後の影響力をここで発揮したのではないかと思います。

もちろん 次回の23日の満月も蝕含みといえば言えるので、影響が強いという見方もありますが、私は今回がクライマックスの最終ではないかと思います。

ここまで木星以遠の星がメジャーアスペクトを組んでいるのも珍しいことです。
個人的にも社会的にも大きな、そして静かな変化が進行しているのでしょう。

DSC_1249.jpg

コメント(24)

前のページ  89  90  91  92  93    >>|