青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  78  79  80  81  82    >>|

2018年03月26日 06:19
東洋二十四節気 春分次候 「桜始めて開く」

東洋二十四節気で謂うところの 春分15日間のうちの真ん中の五日間に入りました。

表題にもあるように この五日間は 桜が始めて咲く ということでありまして、季節の先取り的なことを書いてあります。
しかし 今年は実際の開花のほうが早いのはニュースなどで周知の事。
やはり 地球は暖かくなっているのでしょうか???


本日、月は本拠地である蟹座の20度台を進み、20時46分には獅子座に入ってゆきます。
それまでの間は、蠍座22度の木星と調和をとりますので、非常に物心両面のプロフィットが期待できる座相となります。

同時に月と冥王星の180度も形成されますが、この木星が凶意を転換して、怪我の功名的な役割をするのではないかと思います。


ですから失敗したと思っても、それを上手く修繕することで評価を上げたり、人間関係 恋愛関係をさらなる深化したものにする事が出来るはずですので、どうぞ失望なきようにお過ごしください!


月が獅子座に入りますと、牡羊座初期度数の太陽と調和いたしますので、あながち暗示だけでは終わらない、ラッキーが展開してゆくような気配です。

///////////////////////////////////

2018 第2回 青山五行開運ツアー 柴又編    ←クリック

DSC_9286.jpg

コメント(10)

2018年03月25日 05:56
蟹座と山羊座の対立

昨日夕刻17時54分に月は本来の座である蟹座に入りました。

月は蟹座でその力を最大にいたします。
誰しも感情の高まりが促され、テリトリー意識 身内意識が相当に高まります。


これだけならば 非常に過ごしやすい日曜日なのですが、対向星座の山羊座には火星、土星、冥王星と集まっておりますから、これらの天体と180度の角度を形成してゆく事となるのです。


蟹座=母性  家庭


山羊座=父性  社会

といった構図になり、この対決が始まるのです。


朝から午前中いっぱいは、月と火星、土星が180度をとりますので、本日の過ごし方でも熱いバトルが展開される可能性があります。

特に月と太陽の関係が90度ですので「上弦」 ともなりますので誰しも頭に血が上り易い時でもあります。

更にはこれに火星が加わりTスクエアを形成して、運気は波乱含みとなりますので、午前中は特に自重と冷静が求められます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2018 第2回 青山五行開運ツアー  柴又編
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寅さんの故郷 葛飾柴又 おなじみの帝釈天参詣 彫刻拝観 矢切の渡し などなど 散策盛り沢山!!


日時:04月14日(土) 11時30分~14時くらい 

集合:11時30分 京成 柴又駅前 寅さん像前

会費:5000 (昼食、彫刻拝観、庭園入苑料含む)

        (散策の途中のミニミニ鑑定付き)

お申し込み、お問い合わせは mail:info@aoyama-gogyo.com まで!

おまちしております。

DSC_9293.jpg 

コメント(15)

2018年03月24日 06:20
牡羊座での水星逆行の影響

昨日から水星が逆行を始めました。
今回はそれほど長い期間ではなく、04月15日の夕刻までの約2週間ほどであります。

巷で喧伝されるように、水星逆行中は機械が壊れたり、通信や交通機関に障害が出る などという事は、現代において幽霊を信じるのと同じ様なものではないかと思います。

平常から記させていただいているとおり、ATMは正常に動き、電車も飛行機も運行しています。
事故やトラブルの確立は平常時と変わりはないはずです。

では何でそのようなことが 言われたのか?

水星という星の意味づけは、知識 伝達 詐欺 伝令 交通というもであるという神話からの派生であります。

逆行=それらが滞る という事になるという机上の考えであります。

そして、そのような記事が流布すると、私もそうだ!とたまたま機械が壊れた方が呼応してひろまるデマのような形式となるのです。


昔、TV番組で当時のブーム、スプーン曲げの超能力者といわれる方が、壊れた時計を持ってください!と言いました。
私が念じますから 時計を握り締めてください。振って下さい!
そうすると全国の視聴者から山のような電話がTV局に!
「動いた」「止まっていた時計が念力で動いた」と何百というコールがあり、超能力は証明されました! というものでありました。


あのころはTVブームで他ににこれといった娯楽は無いですから、きっと全国で何百万人が見ていたでしょう。
そのうちの万が一の方が、たまたま握り締めて温度が上昇したり、振った力でたまたま一時的に動いた時計をみて電話しただけの事。
これが確率的に超能力といえるでしょうか?


水星逆行の噂も同じような伝播をしているように思えます。

水星逆行懼れるに足りず!!
単なる見直し 点検期間であるという意味が勝ると私は思います。

DSC_9285.jpg

コメント(16)

前のページ  78  79  80  81  82    >>|