青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  55  56  57  58  59    >>|

2016年06月22日 05:37
水星と木星の90度

水星が本来の座である双子座を進んで、ちょうど真ん中の15度に差し掛かります。

水星は本来の座で力をつけております。つまり知力が充実しています。
数日前には、土星と180度で取り越し苦労 考えすぎもありました。
また、昨日までは海王星との90度で知力は散漫となっておりました。

そして本日は、木星と90度を形成しますので、更に考えは散漫さをまします。


しかし、見方を変えればタイトでは無いですが、ミュータブルサイン(変通星座=環境適応)のグランドクロスが出来ています。


つまり、行き詰まったら考え方を変えてみると、別の道が突然見えてくるといった感じになるのでしょう。
一つの方向で悩んでいないで、少し価値基準をずらしてみると意外に道は開け行くものです。


東洋の叡智 『易経』にあるように

・・・・窮すればすなわち変ず、変ずればすなわち通ず・・・・ 

DSC_1343.jpg

コメント(21)

2016年06月21日 05:56
太陽は蟹座へ 『夏至』

東洋二十四節気で言う 『夏至』となります。

本日07時過ぎに太陽は蟹座に入ります。
これは太陽黄径90度 蟹座00度は夏の始まりとなります。

昨日 射手座で満月を迎えた月は このとき山羊座08度にありますので、蟹座の太陽と再び対向星座の関係となり、満月域となります。

未明に月は蟹座04度の金星と180度を作り未だ、その許容範囲にありますので、午前中は素直に気持ちが表せない暗示があります。

その後、月は山羊座16度の冥王星に近づいてゆきますので、気持ちの変化が生じてきます。
ここから一ヶ月間は 太陽と冥王星が対向星座の関係となります。

これは自己否定の気持ちが強くなることを暗示いたしますので、ご自分をあまり責めないように!

DSC_1342.jpg

コメント(20)

2016年06月20日 06:13
20時04分 射手座29,54度で満月

本日の満月は 射手座最終度数ぎりぎりで起こります。
満月が形成された直後 20時56分に月は山羊座へと入って行きますので、満月域は消滅いたします。

月の形は丸いものの、満月の占星術的定義である<太陽と月が対向星座>の関係ではなくなります。


21時頃には、急激に満月の高揚感がフェードアウトしてゆくのかもしれません。


そして、珍しい現象として、明日の07時20分頃に太陽が蟹座へ入ってゆくと、再び 太陽と月が対向星座の関係となり 蟹座対山羊座での満月域となります。

こちらは母性と父性の対決と言う満月の状況。

意味は違えども 満月の緊張は、形を変えて継続してゆくともいえるのです。


本日の満月は、射手座と双子座ですので 「知」 の対決となります。

射手座の深い知識と 双子座の広い知識の対決と言うことになるのです。

DSC_1407.jpg

コメント(16)

前のページ  55  56  57  58  59    >>|