青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  51  52  53  54  55    >>|

2018年08月19日 06:03
月は射手座へ、そして水星順行へ!

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日に日付けが変わって01時46分に月は射手座に入りました。
本日12時になっても月は射手座05度にあり、メジャーアスペクトを組む天体はありません。


射手座に単独で入る月は、射手座の守護星である木星の影響を受けます。
そのために昨日まで木星と蠍座にて同室星座だった期間と同じように幸運の要素が物心両面で強い日となります。


射手座の月は獅子座の太陽とは非常に相性がよく、心の中の葛藤はスッキリしてゆく時となります。


何よりも本日のトピックは、14時08分頃に獅子座11度を逆行していた水星が順行に戻ることであります。

この各星への好影響はアメブロに記します!!

DSC_1046.jpg

コメント(9)

2018年08月18日 05:50
上弦の月

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、太陽は獅子座25度にあります。
月は蠍座後半度数を行き、17時頃には蠍座25度に達し太陽と90度を形成し半月となります。

こちらは満月に向かう途中の半月ですから『上弦の月』となります。


半月とは 
太陽=主体
月 =感情
これらが ねじれの位置にあり 上手く協調しない事を表しますので、特に満月に向かう途中の半月は焦燥感にさいなまれやすくなります。


しかし20時過ぎからは、月は山羊座に戻った火星と60度と言う協調的な角度を形成してゆきますので、焦燥感よりも情熱の滾りが目立ってくるようになります。


数日前に記しました 2つのトラインはまだまだ継続中でありますから、やる気や革新よりも、安定や怠惰がまだまだ優勢です。
そんな中の上弦ですから、安定の中のちょっとした緊張感の生成といったくらいの意味となります。
通常の上弦の月よりは まろやかな半月となるでしょう。

SC_1110.jpg

コメント(11)

2018年08月17日 04:59
月と木星の重なり@蠍座

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夕18時少し前に月は天秤座から蠍座に入りました。
天秤座で金星と重なっていた期間はとてもロマンチックでした。

では 蠍座に入った月とは?
これは感情の同調を好むと言うことになります。

相手を束縛したり される事を好む傾向となります。


蠍座には木星がありますので、その傾向が更に助長されます。


月と木星の同一星座は 物心両面の供与という意味ですから、何かを与えて、更に束縛してゆくという傾向になります。


例えば金銭を与えて相手を縛るとか、何らかの利益供与をもって、相手を束縛してゆくという意味ともなります。

ロマンチックから束縛的な傾向を持った関係へと移行する暗示であります。


しかし凶的な意味はそれほどありません。
月は海王星と120度となるので 夢は広がってゆきます。

SC_1117.jpg

コメント(11)

前のページ  51  52  53  54  55    >>|