青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  47  48  49  50  51    >>|

2016年07月16日 06:04
太陽と火星の120度。月と土星の00度

太陽は蟹座24度に進み、蠍座24度を行く火星と本日から数日間、タイトな120度を形成いたします。
この意味は 活動力 勇気 体力 と言うことになります。
物事に立ち向かってゆくには 気力と体力が何よりも必要となります。
そのような意味では これまでの課題にぶつかってゆくに適した数日となります。

一方で、こちらは短期的(本日のみ)な暗示ですが射手座10度にて、月と土星が重なります。
こちらの暗示とは 感情の抑圧 言いたいことが言えない さまざまな心理的プレッシャーなどを表します。

重圧に耐えながら 勇気を持って何かに臨む ということが適した日となるのでしょう!!


しかしながら太陽と天王星がタイトな90度となります!
こちらは 離反や損失 緊張状態 を暗示いたしますので、チャレンジの結果どうなるのかは覚悟の上で!!

DSC_1541.jpg

コメント(23)

2016年07月15日 06:15
月は射手座へ

本日 夕刻になりますが18時15分 月は射手座へ入って行きます。昨日までの夜のロマンチックな雰囲気は、今夜には期待薄となります。

しかし、蟹座23度に進んだ太陽と蠍座24度の火星が120度を結んで来ましたので、少しばかり形を変えた状態でのパッションの横溢は継続するようです。

太陽と火星の120度は勇気と決断 行動力を暗示します。
これは恋に仕事にスポーツにとても適した座相となります。

水の星座でありますので、やはり恋愛に関する行動が盛んになるということになります。
ただ、昨日までとは少し違った雰囲気となることは間違いないでしょう。

お二人で冒険に出るような暗示、つまり旅行とか次の段階に向けての計画や行動とか、そのような現実的な動きとなってくる暗示なのです。

DSC_1725.jpg

コメント(27)

2016年07月14日 06:01
水星、獅子座へ入る & 07月後半概況2016

水星が獅子座に入ってまいりました。
ここで単独で獅子座初期度数にあった金星とコンジャンクションと成り、金星の一人歩きにピリオドが打たれます。

高慢な愛情から 博識的な態度に変わってゆきます。

金星と水星の重なりは 芸術などの論理的解釈や愛情の理性的判断と言った意味になりますので、獅子座でのこの重なりは、文芸愛好やミュージアム探索などに有効な時を暗示するのです。


月は蠍座中央にあり 昨日、記した暗示を更に強めます。
とても艶やかな状態は継続中です。
特に今夜は、月と火星が蠍座24度にて重なりますので、情愛という事に関しては、最高の環境と雰囲気がもたらされる暗示となります。
ロマンチックを通り越した、艶やかすぎる時間が訪れる予感です。


//////////////// 07月後半概況 /////////////////////////

07月後半15日は蠍座にての、月と火星の重なりからはじまります。
月と火星のコンジャンクションは興奮や衝動を表しますので、活気のある時期の始まりを暗示します。
加えて蟹座23度の太陽が、この月と火星に120度をとりますので、情熱が行動につながりやすいといった暗示も強く出ますので、まさに本格的な夏の始まりと言った感じです。


16日、獅子座04度にて水星と金星の重なり。こちらは芸術鑑賞などにはもってこいの座相です。 美術館、映画館、はたまた植物園から水族館に至るまで、興味をそそられたらお出かけです!

太陽と火星の120度は勇気、活力、行動力、などの暗示です。これは22日まで強く影響いたしますので、この期間は行動することが大吉です。

そして19日太陽黄径117度、東洋暦では夏の土用に入ります。
この土用期間は08月06日までとなり、08月07日には『立秋』となります。ちなみに丑の日は30日となります。

20日、山羊座27度にて満月。蟹座27度の太陽と山羊座27度の月が180度、即ち、今回の満月は母性と父性の対決と言うことになります。

22日18時過ぎに太陽は獅子座に入ります。
太陽の力が最大になる時期となります。
このときは各星座の初期度数に天体はなく、太陽はこれと言ったアスペクトを持ちませんので、数日間は、それぞれが自由で自己本位な傾向となります。

23日、月と海王星が魚座で重なり、よく言えばロマンチックな時間が流れます。逆に耽美に走りすぎる傾向もありますのでご注意を!

25日、月は牡羊座に入り、太陽と120度を作ります。
ここで、やっと夏らしく火の星座が活発に動き出します。

牡羊座=月・天王星
獅子座=太陽・水星・金星
射手座=土星

このように火の星座が盛んになりますので、創作や行動の開始には良きタイミングとなります。

26日、水星と天王星が120度を形成、知的活動が盛んになりますので、ここから数日間はビジョンを練ったり仕事の進捗には有望な時期となります。


28日 月と木星の120度、物心共にメリットの多い日となりますが、月と金星は90度を取りますので、親しき仲にも礼儀を忘れると、諍いになりやすいのでご用心!

29日 月と土星の180度は、何かと神経を使います。対人関係で緊張しすぎないように!


30日、土星が逆行して射手座09度まで戻って来ました、獅子座07度に進んだ太陽とトライン=120度を形成し始めます。
安定感が出てきます。これは行動しながらの安定感と言う意味です。
例えるならば、コマが回転しているから安定している。そんな状態をイメージしてください。

31日、月は蟹座に帰還、感情の振幅が大きくなります。水星も乙女座に帰還します。
と言うことで、この時に本来の座にある天体は
獅子座の太陽
乙女座の水星
蠍座の火星(準)
魚座の海王星
蟹座の月
と言うことに成り、多様性が大い発揮され、まさに百花繚乱といった意見が飛び交うのでしょう。

DSC_1702.jpg

コメント(16)

前のページ  47  48  49  50  51    >>|