青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  43  44  45  46  47    >>|

2016年07月28日 06:25
水瓶座デルタ南流星群が極大

7月15日あたりから出現している、水瓶座デルタ南流星群のピークが本日とされております。

22時あたりから東の方角から多くの流れ星が降り注ぐはずです。 深夜には天頂から降るような流れ星が期待されます。
冬は空気が澄んで、流星は見つけやすいですが、夏は寒くは無く観測しやすいのですが、空気がたわむので、きらめきには欠けるのかもしれません。

本日、正午前くらいから月は牡牛座20度台に入って行きます、それ以前から、獅子座19度の金星とは90度を形成しておりますので、2人でロマンチックに流れ星を見る!には、少しばかり厳しい環境かもしれません。
夜半には、月は水星とも90度を形成しますので、ロマンチックよりも理屈っぽいデートになってしまう懼れもあります。

流星を眺めるのでしたら、明日の夜のほうが断然お勧めの時間帯となります。

DSC_18x10.jpg

コメント(10)

2016年07月27日 06:29
月の距離が最近・36万9662km

27日に日付けが変わってすぐ、00時39分に月は牡牛座に入りました。
朝08時頃には 「下弦」 の月となり新月に向かう半月となります。
そして この頃、月は地球に一番近づきます。
楕円軌道に近いので 現在リリス(月の最遠隔点・40万km以上)の反対側に位置することになります。


月が遠いと 人は不安になるという仮説に沿うとしたら、月が近いとどうなるのでしょう?
不安が無く 自信や自己主張が強くなる?
そして本日は、半月なので行動と感情に齟齬が出てきますので、それが更に拡張され、現実的な反発となってゆくかどうか?

これらの検証は、ご自身の内でお確かめになる以外にはないのです。
この事を心の隅に置かれてご自身を客観視して、どのような影響があるかを確認するのも一興だと思います。

///////////////////////////////////////
コラム  オーブその弐

昨日のトラインについて 占星術は科学の分野には達していないという認識を私は持っております。
つまり 解釈は諸説あるのでどれが正解かの実証は難しいので、私の見解ということになります。

トラインは成立しないと言うことが、私の考えです。
トラインとは同じエレメントの星座に属すると言うことで、親和性が生まれると言う考えです。
冥王星は風の星座・天秤座 太陽は水の星座・魚座ということで、例えば共産圏と自由主義圏にあるようなもので 同じ性格を帯びないので 協調はできないと言うことになります。
地球から見た星の角度の影響と言うよりは、その帯びた性格が問題となるのです。

では本日は 水瓶座29度の太陽と魚座01度の月はコンジャンクションと言えるでしょうか?
もう、お分かりですね!?

//////////////////////////////////

夏季座談会の空き状況
08月13日(土)  13時30分~15時30分 〇
          16時00分~18時00分  〇〇

08月14日(日)  13時30分~15時30分  〇〇
          16時00分~18時00分 〇〇〇

DSC_1806.jpg

コメント(12)

2016年07月26日 04:55
月と天王星の重なり

牡羊座の後半度数に進んだ月は、12時頃より牡羊座22度の天王星と重なり始めます。
この暗示は 『突然の心の動き』というものであります。
急に何かに目覚めたり 特定の人に興味を抱いたり 好き嫌いが激しくなったり めまぐるしい心の変化と言ったものです。

そして、この月と天王星が獅子座22度の水星と120度となりますので、突然の心の動きが、素晴らしいアイデアや着想を生み出してくれる可能性が高まるのです。

////////////夏休み座談会開催//////////////

昨年、ご好評を頂きましたミニ鑑定しながらの少人数座談会!
今年も青山五行事務所において開催いたします。
事務所は手狭な為、各時間帯4名様が定員となります。


08月13日(土)  13時30分~15時30分 
          16時00分~18時00分 

08月14日(日)  13時30分~15時30分 
          16時00分~18時00分


会費:5000。お申し込み後のお振込みとなります
 

お申し込みはメールにてお願いいたします。
mail:info@aoyama-gogyo.com
例・・・08月13日 13時30分 と記してください。

///////////////////////////////////////////////
・・・・・・・・気まぐれコラム・・・・・・・・・

『オーブ』について・・・その壱

昨日 コメント欄にご質問の オーブ とは許容範囲の角度のことです。
例えば よくトライン(120度)などと使いますが 何度から何度までが120度の範囲なのかと言うことです。
世には様々な説があり、どれが真実かという実証もされないので、なかなか悩ましい問題なのです。

一般的にはトラインとは調和を表す座相です。
では角度で言うと 118度から122度までという言い方になります。
これはオーブ=許容角±02度のオーブと言うことです。

ではここで問題です!
実在の人物です、冥王星が天秤座29,42度 太陽が魚座01,05度
これはトライン(調和)の座相といえるでしょうか?

DSC_1859.jpg

コメント(12)

前のページ  43  44  45  46  47    >>|