青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  34  35  36  37  38    >>|

2017年05月06日 06:12
月と冥王星の120度=心の再建

昨日も記したように、物質的な再建が進んでおります。
よく、耳にします

「あの人は物質第一の人で気持が無い!」
「精神的に満足しない人生なんて」

などなど、物資知的なことを追い求めるのは悪いことのように・・・・・

では精神的満足とは何でしょうか?

仏陀の悟りや 聖人の域に達すること?
いやいや 通常の人間に悟りなんて無理であります。

例えば、人と関わらなくとも通帳の数字を眺めて悦に入っている人、これなども実は精神的に満足をしているということで、人間の満足って、全て精神的なものなのです。
その種類や対象が異なるだけで 全ては精神の満足を求めて生きているのです。

ですから 物質的(経済も含む)・精神的に垣根は無いのかもしれません。

そのような訳で、恒産なければ恒心なし とはよく言ったもので、ある程度のお金や環境を持たないと 話にならないということです。
もちろん 人生ですからあるとき突然に 極貧に落ちることもあります。
そんな時こそ 恒心や教養や広くものを透徹する目で苦境を乗り切るのです。
言い換えれば 恒心あれば恒産も成り易し であります。


恒心=恒産 ということも演繹されてゆくのかもしれません。


心と物質を建て直して行きましょう!

DSC_5623.jpg

コメント(9)

2017年05月05日 05:57
立夏・夏は来ぬ

♪卯の花の、匂う垣根に
ホトトギス、早も来鳴きて
忍音もらす、夏は来ぬ

さみだれの、そそぐ山田に
早乙女が、裳裾ぬらして
玉苗植うる、夏は来ぬ


橘の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌むる、夏は来ぬ

楝ちる、川べの宿の
門遠く、水鶏声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

五月やみ、蛍飛びかい
水鶏鳴き、卯の花咲きて

早苗植えわたす 夏はきぬ

(唱歌 夏は来ぬ 作詞・佐々木信綱)


本日、太陽が牡牛座15度に進み、東洋二十四節気の『立夏』となります。
月の干支は 「巳」となります。

気候はそろそろ夏日となる日も出てきて、汗ばむ季節となってゆきます。

牡牛座15度に入った太陽と山羊座19度の冥王星がトライン(120度)の域に入ってまいりました。
この意味するところは 「復活」「再生」 ましてや地の星座同士ですから経済や財産、所有物に関しての維持や確保に焦点が移ってゆきます。

簡単に言えば、崩れ掛けた経済体制の復活を促す時期 という事になるでしょう。
本日、明日と月も同じ地の星座・乙女座にありますので、更に強い暗示となります。このタイミングで何かに着手してみることをお勧め致します。

DSC_5531.jpg

コメント(19)

2017年05月04日 05:32
水星が順行に戻る

牡羊座24度まで逆行した水星が、また順行に戻りました。
そして牡羊座25度の天王星とコンジャンクションの状態を続けます。
これは05月16日までで、その暗示は 

独創的聡明さ 
発明 
アイデアのひらめき
斬新な理論

などが挙げられ、どれも論理的頭脳の活発さを表すものです。

ここでの企画立案など、きっと優れたものになることでしょう。

この水星と天王星の重なりには、射手座27度の土星がしっかりとトライン(120度)のアスペクトをとっておりますので、非常に現実的で息の長い企画などが発案されたりする可能性が高いのです。

連休の真っ只中とはいえ、ひらめいたアイディアなどは書き留めておくことをお勧め致します。
天王星の象意は 突然 一瞬 といったものでありますので、忘れてしまう可能性も高いのです。

DSC_5522.jpg

コメント(8)

前のページ  34  35  36  37  38    >>|