青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  28  29  30  31  32    >>|

2018年06月29日 06:25
満月域は続く中での月と冥王星の重なり

//////////////////////////////////////

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

//////////////////////////////////////


本日正午過ぎに月は山羊座18度に達し、山羊座20度の冥王星と重なって行きます。


月と冥王星のコンジャンクションは、価値観の変化や日常生活の変化を暗示いたします。
満月域でもあるために、少しばかり大きな衝撃が走るかも知れませんが、これも今後の人生を生きてゆく為の変容だと思っていただければよろしいかと思います。


一方で、太陽と土星は未だ180度の対峙を堅持いたしますので、上長や周囲との緊張やプレッシャーを感じることもはなはだしく、気持は落ち着くどころではありません。


満月の頂点は過ぎたとはいえ、本日は、土星・月・冥王星のコンジャンクションと太陽の180度と言う、厳しい暗示は充分に継続しているのです。


土星・月・冥王星の重なりは、躁鬱状態が鬱に傾くことが多い傾向となります。
この重なりに太陽がプレッシャーを与える、つまり鬱状態のものに強い激励などを送ってしまうと対立はとんでもない方向にいってしまうと言った、少しばかりハードな時となります。

充分に注意をはらって周囲と接してゆくことです!!

DSC_1031.jpg

コメント(10)

2018年06月28日 06:11
月は山羊座に、満月に

//////////////////////////////////////

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

//////////////////////////////////////

本日、日付けが変わってすぐ00時53分に月は山羊座に入りました。

これにて蟹座の太陽と星座的には180度となりますので、満月域に入りました。


蟹座の太陽は家庭や自分のテリトリーを第一と考えます。

山羊座の月は社会性や道徳を重んじます。
更には山羊座には土星もあるので、それが更に強調されます。


この公私間の対立が激化する満月域となります。


そして13時55分、月は山羊座06度に進み満月となり対立は頂点に!
今回の満月の特異点は月と土星がコンジャンクションしていることで、感情は抑えられて、尚且つ周囲とは対立するという、少しばかりプレッシャーのきつい満月となる事です。


本日の争いは激化の道を辿りそうですので、感情の爆発だけは抑えるべきでしょう!

『無事是名馬』・・・・・怪我やトラブルも無くいることが最大の幸せ!

大きな功績を立てたり 大金を手にしても プライベートや日常に色々問題があっては人生は無為なものになってしまいます。

DSC_1049.jpg

コメント(8)

2018年06月27日 04:29
太陽と土星に180度がピーク

//////////////////////////////////////

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

//////////////////////////////////////

昨日、記しました太陽と土星の180度が本日正午頃にはピークを迎えます。

これは 我儘 反発 抵抗 などを表し、星座的には蟹座の太陽と山羊座の土星ですので、社会と個人  仕事と家庭 などといった対立の中の問題が生じることを暗示いたします。


このまま放置すれば溝は深まる一方ですが、牡牛座の天王星がコンプロマイズをしているので、自分独自の方法で妥協点を見つけることが有効である暗示です。


つまり、一般的な解を求めずに、自分のやり方で問題を解いてゆくことが良き結果を招くことになります。


月は射手座の20度台を行き、明日に日付けが変わってすぐ00時53分には山羊座に入り満月域となります。
そのため本日14番目の月でありますので、情熱の昂ぶりと不安の交錯する夜となりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今週中にて締め切りとさせていただきます!

プレミアム会員の募集

↓↓↓↓↓↓

http://blog.livedoor.jp/vinokoike/archives/51984425.html

DSC_1029.jpg

コメント(18)

前のページ  28  29  30  31  32    >>|