青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  26  27  28  29  30    >>|

2017年10月30日 05:30
月は魚座に、バランス復活


本日08時47分に月は魚座に入って行きます。正午過ぎには魚座02度に達して、蠍座初期度数にある太陽と木星のコンジャンクションと非常にバランスのとれた座相となります。


本日は月末期の月曜といえども、なかなか情に溢れた日となりそうです。


魚座も蠍座も水の星座です。
水のエレメントは 『情』をあらわします。

ちなみに

火・・・・牡羊座 獅子座 射手座=「創造」

地・・・・牡牛座 乙女座 山羊座=「所有」

風・・・・双子座 天秤座 水瓶座=「知識」

水・・・・蟹座   蠍座  魚座=「情」

といった方向性を持つのです。


本日は魚座で月と海王星が同室となり、気持はロマンチックに傾きます。
太陽と木星と水星は蠍座にて、肉体と魂の結びつきを求める気持を生じさせます。

通常の占星術で使用する10天体のうちの5天体が水の星座ですので、人の感情に敏感になります。
この作用を有効に使うには、相手の感情の動きにあわせて、素直な気持で臨むことです。

相手が弱っていたら、無理な要求はせずに優しく接したりして、決して逆手にとって自分を有利に導かないことです。

人がなぜ社会を形成するのかの原点は 「互恵関係」 すなわち、共により良い状態で生きてゆくということなのですから!

DSC_7332.jpg

コメント(14)

2017年10月29日 06:39
月と金星の120度

本日、月は水瓶座の中盤を進んで行きます。
これが、天秤座18度を行く金星とトライン=120度を形成いたします。

昨日記したように、金星と冥王星の90度は本日も健在ですが、この月のお陰で、コンプロマイズされます。

つまり、気持の行き違いが緩和されてゆくことになります。
誤解も解けてゆく傾向にあります。

月と金星の120度は、優雅な交流 品位 愛顧などといった暗示が強いのです。

しかし、天空には常に矛盾というか、相反する事象も展開されます。人間の社会とフラクタル=相似形ですから、まことにつかみ難い、あちらをたてれば、こちらが立たずといった事が常在するのです。
今回は、月と水星が90度を作っております。
これは、屁理屈や空論を真剣に振り回してしまう弊害をばら撒きそうです。
ご自分でも詭弁とわかっていながら展開してしまうといった愚かさを演じてしまう危険があるのです。

日曜日ですから、やはりのんびりが一番の過ごし方かもしれません。

DSC_7331.jpg

コメント(15)

2017年10月28日 04:41
月と火星の120度

昨夜22時頃に水瓶座に入った月は、未明より天秤座03度の火星とトライン=120度を形成しております。

これは、行動と気持ちが矛盾なくシンクロしている状態を表します。
ましてや風の星座同士ですから、知的作業にはもってこいの一日となります。

一方では、天秤座17度に進んだ金星と山羊座17度の冥王星がタイトなスクエア=90度を形成しています。

こちらは、愛情があらぬ方向に向かってしまう暗示であります。
執着しすぎることによる離反や気持ちのずれなどが生じやすい期間となります。

特に愛情至上主義を持ちやすく、それが少しでも崩れそうになると異様な執着などから、少し暗い心境に入ってしまいそうです。

ですから本日は、作業をこなす事に没頭すると良いでしょう。
土曜日でお休みの方は、お宅のケアやお掃除でも如何でしょう?

無理して情の交流など図ろうとすると却って逆効果かもしれませんね!


爽やかに 朗らかに 作り笑いも有効です(笑)

DSC_7748.jpg

コメント(11)

前のページ  26  27  28  29  30    >>|