青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  9  10  11  12  13    >>|

2016年11月07日 04:56
太陽は蠍座15度に進み 『立冬』

本日 太陽は蠍座15度にあり 東洋暦で言うところの『立冬』となります。

月の干支は 「己亥」 いのししの月となりました。
東洋暦では 冬の干支の支は 亥・子・丑 となり、水の気が旺盛な時となります。
水の気は色で言えば 黒 つまり玄冬=「玄」とは黒いと言う意味です。

東洋で言う冬の期間とは11月07日から02月04日の立春までを指します。


蠍座15度に進んだ太陽は、山羊座15度の冥王星と60度を形成いたします。まさに再生の時が始まるようです。
これは 全てのものに復活や再生のエナジーが注がれる配置とされます。

私事ではありますが、昨夜メインPCが起動しなくなり、夜を徹してのハードディスク入れ替え作業。

11月後半の運気の原稿などバックアップをとっていなかった為に消失。最近撮ったブログ用の写真も一部消失。

またやり直しを強いられます。

こんなことも人生には、山ほどあります。やり直せるという事は、言い換えればやる事はあり、生きている証。やり直せるということを良き意味にとらえて行きたいと思います。

まさに再生!!

DSC_3082.jpg

コメント(34)

2016年11月06日 06:29
月と火星の重なり

本日 18時頃から月は火星と山羊座最終度数付近で重なりだします。

月=感情
火星=闘争 情欲 行動力

という図式がミックスされると、性的衝動が高まったり 闘争的になったりしやすい傾向が強まります。
しかし この場所が山羊座という事で、守護星・土星の抑圧も強く、ストレートな形では出にくいので 冷戦やストーカー的行為になったりと、少しばかり厄介な展開となるやも知れません。

しかし22時56分には月は水瓶座に入ってしまうので、それまでの葛藤かもしれません。

日曜日ですから レジャーやスポーツでの怪我には要注意です。
行動的過ぎて意志に体力がついてゆかない状況となります。
体力を過信した結果の風邪や小さな怪我になりやすい暗示となるのです。

DSC_3299.jpg

コメント(10)

2016年11月05日 06:40
月と冥王星の重なり=価値観の変化

冥王星とは基本的に破壊と再生を表します。
それは冥王星が発見された1930年頃の世相である、世界大恐慌と結び付きがあります。

経済が破壊的ダメージを受けて、新たなシステムで再生してゆく。
もう一つ プルトニュウムの発見による 核分裂と核融合の論理など。

こういったことを反映して冥王星の意味付けがなされました。


本日 夕刻から深夜にかけて、山羊座15度にて月と冥王星が重なります。
これは 月=感情が破壊され、また再生するという、つまり価値観の変化を暗示する座相となるのです。

ちょっとした食べず嫌いがなおるとか、小さなことでも、実は人生においての影響は大きいのです。
人生はいうなれば 小さな選択の積み重ねですから、好みという要素は、運命に大きく作用するのです。

本夜半、小さな変化を見つめてみましょう!
今後の人生に大きく影響を与えるかも??

DSC_33c16.jpg

コメント(35)

前のページ  9  10  11  12  13    >>|