青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  101  102  103  104  105    >>|

2018年02月13日 06:28
月と冥王星のコンジャンクション

本日、未明より山羊座20度にて月と冥王星は重なり始めました。
こちらは終日続く暗示と見て良いと思います。
この意味は、方針の変化、リフレッシュ、心の再生という意味となります。

これは本日一日で終了いたしますが、例えば、出生時の月の位置に冥王星がやって来た場合などは長期間継続する暗示となり、大きな人生の変化がもたらされます。

ですから、出生時の月が山羊座20度付近にある方は、大きな生活方針の転換期となっていることではないかと思います。


本日のようにトランジット=実際に運行している天体がこのような座相を形成したときもその影響はあります。

ですから本日は小さな気付きなど、ちょっとした心の方向性が変る時とも言えるのです。

09時頃には月は山羊座22度に進み、蠍座22度の木星と調和的な座相となります。
少しの変化が心地良く感じられ、その変化が小さな幸運の呼び水となるかもしれません。

15時に月は山羊座25度に達し牡羊座25度の天王星と90度を形成。
こちらは、少しばかり意地を張ったり独自性を主張しすぎたりと、緊張の意味を持ちます。
和らいだ心が、萎縮してしまうかもしれません。
しかし、魚座25度付近のキロンに助けられ、どうにか事無きを得てゆくようです。


このように月の動きによって人間の心とは常に変化するものであります。
一日の中でも、本日のようにめまぐるしく変動するのですから、女心も男心も、なかなか捕まえておくことは至難の業なのであります!

DSC_8953.jpg

コメント(17)

2018年02月12日 06:29
太陽とジュノーのコンジャンクション

ジュノー、ギリシャ神話での名は名前は「ヘラ」、つまり木星=「ゼウス」の妻であります。

神話では、ゼウスはクロノスとレアの末子。
ヘラもクロノスとレアの娘であるところから近親の結婚でもあります。

ゼウスがヘラの美しさに負け、結婚を条件にヘラと結ばれますが、ゼウスは大の女性好き、多くの女神、ニンフ、人間の美女と浮名を流し多くの子をもうけますが、そのほとんどにヘラは残忍な仕打ちを行います。

嫉妬の形相でヘラは醜く描かれたりもいたしますが、春になると聖なる泉で沐浴して、嫉妬の垢を洗い流すとまた美しさを取り戻したといわれますが、ゼウスの浮気により、直ぐに形相に戻ってしまうのでした。
しかし信仰では、ヘラは女性の最高神とされ、既婚女性の崇拝の的でありました。
ジューン・ブライドということも、ジュノーの英語読みです。
何があろうと生涯離婚はしないという縁起から生まれた言葉であります。


本日は、このジュノーというヘラを意味する小惑星と太陽がホロスコープ上で重なります。

太陽=アポロはゼウスがレートとの間にもうけた子供です。
という事は、ヘラから見ると、太陽は愛人の子供であります。

嫉妬深いヘラが愛人の子供と一緒にいて平静であるはずはありません。

本日は、木星とジュノーも90度の厳しい角度ですから、既婚、未婚に問わず争いには注意が必要です。

やきもちはこんがり狐色に留めましょう!

DSC_8937.jpg

コメント(24)

2018年02月11日 05:42
金星、魚座に入る

本日午前08時過ぎに金星が魚座へと入ってゆきます。
その後、11時21分には月は山羊座に入って、金星と月の調和的な角度が形成されてゆきます。

これは、人気運や温和な性格、人当たりのよさを暗示する座相でありますので、ランチタイムあたりからの仕事運や交友は非常に良きものとなってゆくと思います。

魚座に入った金星は、非常に繊細で耽美性も強くなりますが、山羊座の月が非常に現実味を帯びておりますので、感情の行き過ぎにも歯止めがかかり、程よいセンチメンタルさ、情の細かさ、優しさ、良き意味での自己犠牲 といった感じとなります。

夕刻には、月は山羊座05度にある土星とコンジャンクションに近づきます。こちらは感情の抑制という強い作用を持ちます。
楽しんではいけない、人を批判する、教条的になりすぎるといった弊害を持ちやすい時でありますから注意が必要となります。

昼の友好ムードとはがらっと変った宵となってゆきます。
尚且つ、山羊座05度にはリリスもありますので、根拠のない不安にも襲われがちになります。

リリスとは月の地球からの最遠隔座標です。
月が地球から遠くなると、人間は不安となり、人を求め異性を求め安らぎを見出そうとして、更なるトラブルなどのもととなるのです。

夕方からは充分な注意が必要です。

DSC_8899.jpg

コメント(5)

前のページ  101  102  103  104  105    >>|