青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  101  102  103  104  105    >>|

2016年02月03日 05:45
節分

本日 太陽は19時頃に水瓶座14度に進みます。

水瓶座15度を東洋的な表現で 『立春』 と称します。

つまり 本日19時から立春一日前と成り 『節分』。
つまり一年の節目という事の表現となります。


明日は 立春です。
東洋暦で言う 一年の始めです。


本日は立春直前の変化の真っ最中という 節分になります。
一日前ならば19時からですので こだわるのであれば 豆撒きは19時からがよいと思います。

月は00時51分に射手座に入っております。
正午には05度に進み、魚座の海王星と90度をとります。
何かと妄想が支配するようですが、常に現実的態度をお忘れなく。

蠍座16度に進んだ火星が山羊座冥王星と60度となります。
こちらは 忍耐力 持続力 胆力の発揮にはふさわしい座相です。
集中力を必要とする仕事にはもってこいの時となります。

DSC_9575.jpg

コメント(14)

2016年02月02日 05:42
太陽・土星の60度

太陽が本日夕刻には水瓶座13度に達します。
そうすると、射手座14度を行く土星とタイトな60度を形成してゆく事になります。

この太陽と土星の60度の暗示とは、方向性が決まってくる ということになります。

太陽の意志は 水瓶座的な革新・先進的です。
そこに射手座土星が自由という方向性をもたらします。

少しばかり解釈に矛盾が生じますが 私はそれで良いと思います。
土星のイメージと自由はそぐわない・・・??

居場所によって土星も寛容性、自由さは感じられるものだと思います。


そのようなわけで 本日はご自分の方向性に 現実的にハンドルが切られてゆくといったタイミングとなるのではないでしょうか?

DSC_9582.jpg

コメント(14)

2016年02月01日 05:32
月の多彩な座相

昨日はこれといった座相を持たなかった月も 本日は多彩すぎる座相を形成してゆきます。

まずは、日の出の頃から、魚座08度の海王星と120度をとります。
これは想像力 妄想力が非常に良き方向に進展してゆくということです。
ここで月に弾みがつきます。
その勢いを借りて、09時頃には金星と60度。人気運と愛情運の向上を表します。

そして 11時過ぎには半月=下弦の月となります。
こちらは ちょっと緊張を表す座相です。

しかし その緊張も束の間、15時頃から月は火星に近づき、胸はドキドキし始めます。
蠍座で月と火星が重なるということは 多くても2年に2回有るか無いかのことです! 2年に一度の座相と考えていただいてよろしいと思います。

つまり官能的な蠍座で情熱の火星が感情を表す月と重なるのです。
ロマンチックを通り越して 官能的に傾きすぎるようです。
これを更に助長するのが、山羊座16度の冥王星です。
冥王星と月・火星の合が60度になる。これは冥王星の再生力と情熱が上手くマッチして、持続性を持つという事になるからです。


本日 月初め 週はじめでありながらこのような座相、如何いたしましょう!?

DSC_9674.jpg

コメント(23)

前のページ  101  102  103  104  105    >>|