青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  96  97  98  99  100    >>|

2016年02月18日 05:50
月は本来の座・蟹座に。

本日未明 月は蟹座に入りました。
毎回申し上げていますように 月の本来の座は蟹座であります。
本来の座に入った天体は、そこで力を一番発揮するとされます。

月が強くなるということは、月の表す感情というものが大きくなる。つまり心の振幅が大きくなるということになります。

普段それほど感情的でない方も 涙もろくなったり または怒り心頭という状態になったり、表れ方はさまざまですが、気分はある意味高揚するようです。

この月はこれといった メジャーアスペクト=00度 60度 90度 120度 180度=を持たないので、感情にアンカーがついていない状態ともいえますので、感情の一人歩きには注意が必要です。
この状態は 終日続くと考えて良いと思います。

明日になるとこの月は、蟹座中盤に進みますので、多彩なアスペクトを紡ぎ出します。
太陽も明日は、魚座に入ってゆくので、いろいろな変化の兆候があるようです。

DSC_9849.jpg

コメント(22)

2016年02月17日 06:28
金星・水瓶座へ

本日は、月は、ほぼ終日、双子座第3デークを行きます。
そのため 水瓶座28度付近の太陽と終日トラインを形成すると見てよいと思います。
つまり昨日に引き続き 知的作業にはもってこいの日であります。

そして、今まで山羊座にあった金星が、水瓶座に入ります。
太陽もあと2日は水瓶座にありますので、知的活発さは本日ピークを迎えるでしょう。

水瓶座の金星とは「美しさに対する自信」のようなものを暗示します。
博愛とも解釈されることがありますが、水瓶座神話にあるように、ゼウスがこの世のものと思えないほどの美貌を見出したのは、青年ガニメーテであったように、美と言うものの究極を表すのではないかと考えます。

現在 各星座の初期度数には金星以外の惑星はありませんので、水瓶座の水星とコンジャンクションの意味を持つくらいで、金星の力が発揮できません。
今まで山羊座内で冥王星にチャージをされていたエナジーの行き場が定まりません。

金星の一人歩き 及び美しきものの鑑賞などで終始してしまいそうです。

DSC_9858.jpg

コメント(10)

2016年02月16日 06:23
月は双子座に

昨夜23時過ぎに月は双子座に入りました。
この月は正午くらいまで、水瓶座の水星と120度をとっておりますので、知性が冴えた午前中となるでしょう。
出来るだけ 事務処理などは午前中に済ましてしまいましょう。

なぜならば、午後からは月と魚座08度の海王星が90度を取りますので、なんとなく考えがまとまらなかったり、空想や妄想に支配され、ぼ~っとした時間帯を過ごさなければならなくなるからです。

双子座の月は多弁になります。
普段 寡黙な方にも、影響はあるはずです。

月と海王星の90度の暗示を使い ファンタジーや荒唐無稽な話を周囲に振ってみるのも面白い過ごし方かもしれません。

DSC_9874.jpg

コメント(20)

前のページ  96  97  98  99  100    >>|