青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  87  88  89  90  91    >>|

2016年10月05日 05:52
17時26分までの恋の妄想

03日の未明に月が蠍座に入って以来、月・金星・リリスが蠍座=官能の場所で同宮となっています。

リリスは性的な感受性を高めるポイント、月は感情、金星は恋愛を暗示するとすれば、非常に心の揺れる期間が展開されておりました。

それが本日、月が射手座に去ってしまう17時26分で終了となります。
この数日間の雰囲気に呑まれたままでの、今夜の逢瀬は微妙な展開となるようです。

射手座に入った月は、土星と重なることで、射手座ながらも常識を遵守しようとしますので、甘いムードは、いつの間にやら消えうせて行き、説教じみた会話に変貌してしまうおそれがあります。

なぜ、恋愛が楽しいものなのか?

「それは 二人が 二人のことしか話さないからである」という西諺がありますが、まさにその通り!

カップルで政治経済について語っても、それは恋愛からはとおざかるだけの話です。

そんな状況に陥らない注意が必要です。

DSC_3094.jpg

コメント(31)

2016年10月04日 06:32
月と金星の重なり@蠍座

本日 早朝に月は蠍座12度に進み、金星と重なりました。
この座相は、品位 良き交際 美しい容姿 など、慎ましやかな恋の始まりなどをも意味します。
しかしながら、このコンジャンクションの場所が蠍座という事もあり、少しばかり清楚な雰囲気とはかけ離れる場合もあるようです。

清楚さに妖艶が加わったような、なんともいえない関係が生じるかもしれません。

加えて、山羊座の冥王星がこの重なりに60度にてアスペクトをとります。
これは、プラトニックをやすやすと超えて、非常に強いフィジカルな恋愛傾向を表す座相となります。

清楚で上品な恋愛から発展して、急速に濃密な関係に至るといった、興味ある星の配置が展開されます。


一方で太陽と土星もタイトな60度を作ります。
こちらは実直 組織力 常識的 冷静と言った暗示を含みます。

このように本日も、大きな矛盾する座相が展開される一日となります。

DSC_3078.jpg

コメント(18)

2016年10月03日 06:30
月は蠍座に入り金星に近づく


本日未明、月は蠍座に入りました。
ここには金星があり、月を心待ちにしておりました。

月と金星の同星座滞在は、優雅 上品 美しさを暗示します。
今回は蠍座なので、それに少しばかり、艶っぽさが加味され、男女間での気持ちの交流には最適な時となります。

リリス=月の最遠隔点も蠍座にありますので、官能的要素が浮き上がってきます。

プラトニックからフィジカルまで、全ての恋愛関係には最適な時が、本日と明日と続きます。

特に本日は、月と海王星が120度になるので、ロマンチックな感覚は沸点に達するようです。

DSC_3075.jpg

コメント(28)

前のページ  87  88  89  90  91    >>|