青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  77  78  79  80  81    >>|

2018年03月28日 06:07
月と金星の120度=トライン

本日、月は獅子座20度台を行きます。
23時31分に乙女座に入るまで、金星と天王星とトラインの関係となります。


月と金星の120度は、品位や人気を暗示いたします。

月と天王星の120度は、個性を活かした演出や行動に利があるという暗示であります。


そして金星と天王星も近づいてゆきますので、こちらの意味合いは、人を惹き付けるなんともいえない魅力を表し、刺激的な恋愛や、特殊な芸術的才能などを暗示するものであります。


人気 個性 恋愛 これらの暗示が火の星座である牡羊座と獅子座で起こるということは、創造性があふれ出し、ロマンチックな気分に傾いてゆくことを強く暗示するのであります。


月と金星の120度を、出生図にお持ちの方は、男女共に品位を有し、穏やかで 争いを好まない傾向があります。
激しい競争社会には向きませんが、個人的な穏やかな生活の中では、非常に幸せな生き方をするという特徴があります。

出生図にない場合でも、ご自身の出生の月にトランジット=実際に運行している金星がこの角度を形成する時は、人気運が上がる時といえます。


本日は天空にて、それがそのまま出来ていますので、万人にこの影響で、穏やかで優しくなれ、人とのお付き合いも円滑にゆくという暗示となるのです。
もちろん、好戦的な方はこんなことはお構いなく争い続けるでしょうが、いつもよりは優しくなるはずです。

///////////////////////////////////

2018 第2回 青山五行開運ツアー 柴又編    ←クリック

DC_9309.jpg

コメント(27)

2018年03月27日 06:20
獅子座の月

本日、月は獅子座の中盤を行きます。
これにより、牡羊座の太陽、水星、金星、天王星と順次、調和的な角度をとってゆきます。
本日07時頃からは太陽とタイトな120度となりますので、全般的にスムーズに物事が進む暗示ではありますが・・・・・
 
一方で山羊座05度の火星と太陽の90度が解消には至っておりません。
こちらは、抑えられた情熱が、折れ曲がった形で違うところに噴出してしまう可能性を含みます。
 
例えば、男女関係でうまく行かないストレスを、仕事上で自分が優位な場合は、下位の者に意地悪をしてしまうといった具合です。
まあ よくあることと言えばそれまでではありますが、人間はやはり弱い者なのです。
 
獅子座の月は、唯我独尊的な心持を表しますので、プライドの持ちすぎにも注意が必要です。
 
要らないものの3巨頭が 「プライド」「こだわり」「被害者意識」といわれますが、まったく頷けます!!
 
牡羊座の太陽と獅子座の月なんて、ある意味ではプライドの塊かも知れません。

もちろん高い創造性や芸術性という強い意味もあります!

///////////////////////////////////

2018 第2回 青山五行開運ツアー 柴又編    ←クリック

DSC_9304.jpg

コメント(26)

2018年03月26日 06:19
東洋二十四節気 春分次候 「桜始めて開く」

東洋二十四節気で謂うところの 春分15日間のうちの真ん中の五日間に入りました。

表題にもあるように この五日間は 桜が始めて咲く ということでありまして、季節の先取り的なことを書いてあります。
しかし 今年は実際の開花のほうが早いのはニュースなどで周知の事。
やはり 地球は暖かくなっているのでしょうか???


本日、月は本拠地である蟹座の20度台を進み、20時46分には獅子座に入ってゆきます。
それまでの間は、蠍座22度の木星と調和をとりますので、非常に物心両面のプロフィットが期待できる座相となります。

同時に月と冥王星の180度も形成されますが、この木星が凶意を転換して、怪我の功名的な役割をするのではないかと思います。


ですから失敗したと思っても、それを上手く修繕することで評価を上げたり、人間関係 恋愛関係をさらなる深化したものにする事が出来るはずですので、どうぞ失望なきようにお過ごしください!


月が獅子座に入りますと、牡羊座初期度数の太陽と調和いたしますので、あながち暗示だけでは終わらない、ラッキーが展開してゆくような気配です。

///////////////////////////////////

2018 第2回 青山五行開運ツアー 柴又編    ←クリック

DSC_9286.jpg

コメント(10)

前のページ  77  78  79  80  81    >>|