青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  71  72  73  74  75    >>|

2016年05月05日 05:51
『立夏』

♪卯の花のにおう垣根に ホトトギス早も来、鳴きて・・・・・
太陽が牡牛座15度に進みました。 太陽黄径45度
東洋暦では『立夏』 夏の到来です!

本日 正午に月と天王星が重なります。
月は気持ちを表し 天王星は突然とか風変わりを表します。
つまり 突然、心が予想もしていない方向に動き出し、突拍子も無い行動をとってしまうかもしれません。

ましてや、これが一番行動的な星座である牡羊座で起こるのですから、その暗示はいっそう強まるのです。

一方で 牡牛座の金星・太陽・水星と乙女座の木星、山羊座の冥王星の地の星座でのコンビネーション(地の星座は、現実性や安定を表します)が強く利いております。

行動と安定。相反する座相が展開されるのです。
このような時は、大いに意見が分かれますので、せっかっくの連休ムードを口論に変えないような意識が必要です。

安定の中の突飛な行動。 なんと矛盾する暗示ですが、それを楽しみに変えることを考えてみましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気まぐれコラム@小池 雅章

 
本日は端午の節句。チマキを食べる習慣がありますね。5月人形にもお供えするチマキ。
約2300年前 中国の楚に「屈原」という高潔な政治家がいましたが、陰謀により遠ざけられ、ついには汨羅(べきら)という川に身を投げてしまいます。それを人々が哀れにおもい、彼の体を魚が損なってしまわないように、チマキを川に投げ入れた。そんな起源があるのです。

そして、本日の菖蒲湯。
昨日、私もしょうぶを買ってきました。本日は湯船に菖蒲の葉を浮かべます。ヨモギが混ざるところもあります。
これは一説によると、やはり古代中国で川で水浴びをしていた若い女性が
その美しさに目をつけた龍神に陵辱されてしまいます。
龍の子を身ごもってはならないと、村人たちが菖蒲の葉を用いたといわれています。    

現在、鎌倉・建長寺にて女流書家・金澤翔子展が開催されております。
本日の写真は、端午の節句にちなみ 鎌倉 八幡宮です。
よく見ると八幡宮の八という字は、鳩が向かい合っているのですね。

DSC_08a84s.jpg

コメント(9)

2016年05月04日 06:28
月は牡羊座に

本日02時05分 月は牡羊座に入りました。
昨日まで月が入ってた魚座は多少の感傷を含みますので、よく言えばロマンチックな気分のときですが、行過ぎるとセンチメンタルに偏りすぎる傾向がありました。
しかし、牡羊座に入った月は元気そのもの! 気分は前向きです。

特に正午過ぎからは、月は牡羊座06度に進み、射手座の火星と120度を形成してゆきます。
これは大いなる活動性を有する座相、心の向きと行動がぴったりとかみ合う暗示となります。

連休のど真ん中! 少し冒険も良いかもしれません。

DSC_0402.jpg

コメント(35)

2016年05月03日 05:54
憲法記念日

本日は牡牛座13度に太陽があり、乙女座13度にある木星とぴったりの120度を形成しております。
これは 繁栄 富の増加 実質的発展性を暗示する座相です。

本日03日は憲法記念日です。
国の性格を占星術で推し測る場合には、独立記念日や憲法記念日などを参考にする方法がとられます。
日本について言えば、大日本帝国憲法が公布1889年02月11日公布、1890年11月29日施行。
現憲法は1946年11月03日に日本国憲法として公布され、1947年05月03日施行。

こう考えてゆくと 日本国憲法は射手座の上に乗った牡牛座的な風合いを帯びるということになるのだと思います。

現在、日本で改憲論議が湧き上がっているのも、カーディナル・クライマックスの余波なのでしょう。
アメリカでも今までに無いような大統領選挙の展開がなされており、EU、中東も混迷を深めております。

これは占星術解釈で行きますと、社会体制を表す山羊座に、根底から破壊と再生を促す星・冥王星が留まっているからであります。
冥王星が山羊座から去る2024年まで、世界の政治地図や経済地図は大きく書き換えられることになるのでしょう。

DSC_0492.jpg

コメント(10)

前のページ  71  72  73  74  75    >>|