青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  49  50  51  52  53    >>|

2018年01月25日 06:37
月は牡牛座に

昨夜、遅い時間22時40分に月は牡牛座に入りました。
お目覚めの頃には牡牛座04度に進み、山羊座04度の土星とトラインとなります。
これは気持の安定や節度を表すものであります。
何事にもきちんとした態度で臨める様な感じになります。

もう一つ、山羊座19度では水星と冥王星がピッタリと重なっております。こちらは考え方や仕事の仕方、方法論などに大きな転換の可能性を暗示いたします。

そして困難だったことに対する解決策が生まれる可能性が高くなります。
水星と冥王星は、スキルや知識、考え方、方策の修復と復活をあらわすからであります。

現在も全惑星順行中でありますから、ここでの思案は良き結果を生む可能性が高いでしょう。

一つの心配なことは、朝方には太陽と月が90度で半月となります。
満月に向かう途中ですから「上弦の月」となり、何となく焦燥感が湧き出してしまう可能性も否めません。
こちらは午後には緩和されてゆきますから、夕刻からは通常に対人関係も推移してゆくことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の写真は 昨日のトンネルの下に位置する、少し変った奇妙な滝です。

D_8975.jpg

コメント(9)

2018年01月24日 06:44
「千と千尋」に出てくるトンネルは実在した!!

「千と千尋」も出てくる湯屋や背景のイメージは、台北の九分だといわれています。

ある茶店などは、そこに掛けてある大きなお面が「顔なしさん」の原型だとして 凄く繁盛して人が通れないくらいであります。

私は九分には10回近く行っているのですが、今回初めて、海側から九分に行きました。
その途中で発見したのが、本日の画像にあるトンネルです!

思わずそのときに叫んでしまいました!!

「実在したんだ~~!!」 ここを通ってしまうと あの世界に行ってしまいそうで怖かったです(笑)

さて 本日の座相ですが 月が天王星と牡羊座24度にて重なります。

これは月と天王星と火星のトリプルコンジャンクションと同じ意味合いとなります。
これは突然の怒りとか衝動を表します。

これがよいほうに動けば 情熱の横溢で男女間の交合などにはよろしいのかもしれませんが、日常の生活や仕事などにおいては、あまり歓迎されるものではありません。
怒りを爆発させても、社会生活を営む上では何の効力も無い事で、まさに百害あって一利なし!
怒りは一生に一度くらい出せば充分であります。

S_8979.jpg

コメント(19)

2018年01月23日 07:24
東京 大雪


さすがに 01月20日に東洋二十四節気『大寒』に入ったとたん、このような大雪に東京が見舞われてしまいました。

私ごとでありますが、昨日17時前に成田に無事着きましたが、成田は上空から見た感じでは積雪も無く、大げさな報道 とか思っておりましたが。
成田から電車で東京に近づくにつれて、積もっている状態でありました。

スカイライナー上野駅に着いて、地下鉄に乗ろうとすると長蛇の列、その上、日比谷線運休!
それで一計を案じ浅草まで行って 東武線に乗り換えようといたしましたが、30分以上、凍えるようなホームにたって、♪落ちては解ける雪を見ていた♪
とにかく大きなトランクと雪程、似合わないものはない! と思えました。
その後も最寄り駅からタクシーはいない、バスは来ない、雪は更に激しくなる。
不安と焦燥の谷間で大いに揺れる初老の心!

まあ奇跡的に家に着いたものの、TVの天気予報や情報番組で成田滑走路閉鎖とか聞くにつけ、何とラッキーだったのだろうと思います。
きっと、ヒキュウが守ってくれたのだと思いました。

本日は未だ雪は消え去らず、路面も危険な状態ですので 是非とも足元にお気をつけになられてください。

正午、月は牡羊座11度に達します。
この辺りから、蠍座の水星、冥王星と90度の角度をとってゆきます。
この暗示は 移り気や 思惑が外れることを暗示いたします。
謀略などは上手くゆかずに、かえって自分の首を絞めてしまうような座相となります。

本日は雪の上を歩くように、細心の注意が必要となります!

////////////////////////////////////////

本日の写真は今回、持ち帰った 貔貅=(ヒキュウ)です!

このほかに 前回と同じグレードのもの  他には少し小さめの雌雄ペアのもの数点であります。

前回の不足をお詫びして、今回も前回と同じ価格(10,000円)で頒布させていただきます。

お申し込みは ヒキュウと記していただき mail:info@aoyama-gogyo.com までお願いいたします。

D_8994.jpg

コメント(23)

前のページ  49  50  51  52  53    >>|