青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  46  47  48  49  50    >>|

2017年01月02日 04:46
月と金星のコンジャンクション

本日は月が水瓶座後半度数を行きます。
水瓶座28度にある金星と19時頃までコンジャンクション状態です。
これは 人気運や気品のある関係を暗示する座相です。
元旦より少し落ち着いた02日 ご友人や恋人との初詣には最適の座相になると思います。

19時を過ぎると月は魚座に入り、海王星と火星の重なる魚座10度を目指します。
こちらは友愛というよりは、もっとフィジカルな関係を暗示しますので、昼間とは打って変わった雰囲気となるでしょう。

昼はアポロン的な明るい交際
夜はディオニソス的な艶っぽく謎めいた交流

そんな昼と夜では全く違った雰囲気の02日となるでしょう。

DSC_4240.jpg

コメント(6)

2017年01月01日 00:07
2017年 本年もよろしくお願いいたします

2017年元旦 
天空では相変わらず 木星・天王星の180度に土星が60度・120度にてコンプロマイズ(仲裁・妥結)を為しております。

月は水瓶座中盤にあり こちらも木星・天王星をコンプロマイズする形をとっております。

そして一番の特徴的な座相は 魚座にて火星と海王星が重なることです。
火星は魚座にあると、とても耽美的情熱を呈します。
これが 耽美の元祖的な存在の海王星とタイトなコンジャンクションをなすのですから、思慕の情 惜情が更に強まります。

色々なご事情で、一緒にいられない方への想いが極限に高まります。
センチメンタルを通り越して 胸が締め付けられるような思いを抱く方も多数いらっしゃると思います。

もちろん ご家族でハッピーなお正月を迎えている方々も星の数。

多くの気持が交錯しながら 2017年は始まります。
多くの汗や涙が流れ 多くの笑いと歓喜に沸く、出来れば笑い多い一年になることをお祈りいたします。

DSC_4229.jpg

コメント(39)

2016年12月31日 06:53
今年も青山五行 ご愛顧誠にありがとうございました

皆様のおかげで 2016年は良き進展があった年でした。
また来年もご愛顧のほど よろしくお願い申します

では2017年01月前半概況です


この時期の根底にある座相は12月前半より続いております、木星と天王星の180度を、土星がコンプロマイズする座相です。
何か新しい基礎を作ってゆくには非常に適した期間となっていることには変わりありません。
中期的な計画や、次の段階はどこに進むべきかを決めるのにも非常によき時期となっております。
こんな基調の運気が、一番の特徴となります。

まずは元旦、魚座09度にて火星と海王星が重なっております。
これは妄想や夢想 強い耽美性 性的執着などを暗示します。
これらを上手く創作や恋愛関係に昇華できれば、言うことはありません。
素晴らしいお正月休みとなることでしょう。

03日、月の後を追って金星も魚座に入ってゆきます。
魚座には、金星、月、火星、海王星、キロンまで集合しております。
ますます 夢想的になり、耽美性は高まってゆきます。

05日、東洋二十四節気で言うところの『小寒』「丑」の月となります。
これは太陽が山羊座15度に移動したことを示します。
山羊座17度の冥王星とタイトなコンジャンクションとなりました。
こちらは、復活 再興の強い暗示となります。
自分自身の建て直しから、組織、自治体に至るまで、そんな機運が支配する週間となります。

09日、水星が順行に戻ります!
天空に、逆行惑星は皆無となりました。
ここから、木星が逆行を始める02月04日まで、この全天体順行の恩恵は継続いたします。
何の障害もない時という暗示となりますが、もちろんこの時期だって事故もあれば戦争もあり、経済的失敗も失恋もあります。
基本的には制約が無い期間という暗示になります。

12日、蟹座での満月です。蟹座は月の本来の位置ですので、この満月は相当な力を持って、カーディナルクライマックスを作り出します。

蟹座の月  
天秤座の木星
山羊座の太陽、冥王星
牡羊座の天王星

ライツ(太陽と月)と木星、冥王星がかかわるので、大きな変化のきっかけになりやすいでしょう。

13日、水星が順行で再び山羊座に入ります。現実的なお金や持ち物の見直しを! 本当にそれは必要なものでしょうか?少しばかり考えてみましょう。

各星座の運気は 2017年01月01日 00時00分に青山五行ホームページに掲載。
皆様、良きお年をお迎えください!!!!

DSC_4238.jpg

コメント(60)

前のページ  46  47  48  49  50    >>|