青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  44  45  46  47  48    >>|

2018年02月09日 06:09
月と火星のコンジャンクション

昨夜22時54分に月は射手座に入りました。
そして、本日正午には射手座06度に進み、射手座08度にある火星と重なり始めます。

射手座の月は保護という色合いが強くでます。
誰かを保護しようとする気持が湧いてきたりもするようです。

射手座の火星は衝動の拡大といった暗示を含みますので、月と火星が射手座で出会うと、誰かを守ろうとする気持や、助けてあげたいという気持が強く出るようになります。

そしてその感情には昂奮や衝動、または官能が伴ってゆきます。

19時をまわる頃には、月は射手座10度に達し、魚座13度の海王星とスクエア=90度を作り始めます。
こちらは非常に敏感な心を表します。
ガラスのオルゴールのような繊細さで、強く触れれば壊れてしまうといった心の状態を表します。

上手く作用すれば、心の琴線に触れ合うことが出来ますが、上手くかみ合わないと非常にギクシャクした人間関係となるかもしれません。
これは夜が更けるのと比例して強まってゆく暗示でありますから、深夜のデートには万全の気遣いが必要となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・
01月フォトコンの当選者

ご当選 !!          櫻⭐⭐子さま   

DSC_9006.jpg

コメント(17)

2018年02月08日 05:55
下弦の月

08日に日付けが変わって間もなく、月は蠍座18度に達し水瓶座18度の太陽とタイトな90度を形成して新月に向かう途中の半月=下弦の月 となります。


満月に向かう半月は上弦で、こちらは情熱がたぎりゆく状態を示し、心は昂ぶる傾向にあります。
反して、本日の下弦は、情熱が収束してゆくという傾向にあります。


しかし、双方とも太陽と月=主体と感情の方向性がねじれるために、何となくしっくりとこない そんな感じが半月の特徴かも知れません。

このタイトな90度は夜明け頃には解消してゆきます。
太陽と月のタイトな90度が緩むと共に、月はこの辺りから蠍座21度の木星とコンジャンクションをしてゆくからです。


月と木星の重なりは、いつも申し上げているように、木星=ゼウスと月=アルテミスのランデブーです。
リッチな父さんと美貌な娘の道行きであります。
想像しただけでも、優美で贅沢な雰囲気が漂います。
いや、それ以上に華美なのかもしれません。
つまり、娘のわがままの全てに応えようとしている父親像、これでは買い物は過剰になるに決まっています。

一般的な解釈では、頼めば聞き入れられる という意味合いでよろしいと思います。

本日は、どんどんお願い事をしてみましょう!
存外の幸運に恵まれるかもしれませんよ!!

011.jpg

コメント(16)

2018年02月07日 06:29
月と海王星の120度

本日、正午に月は蠍座12度に進み、魚座13度にある海王星とタイトなトライン=120度を形成してゆきます。

こちらは 直観力が旺盛になったり、啓示を受けやすい配置とされております。

宗教的な悟りなども得やすい時となりますが、なにぶんにも人間が悟るには一瞬では到底無理な話でありますから、悟りのかけらでも見つけるのかもしれません。

蠍座も魚座も水の星座であり、情に訴えるところでありますから、直感的な悟りのようなものを感じやすくなることには違いありません。
それが本物の神に啓示かどうかは別にしても、何か形而上的な思考には向いている時だといえます。


一方では、月は水瓶座10度の水星と90度を形成。
こちらは、感情と知性の折り合いがなかなかつかないことを暗示いたします。
論理性だけでの思考は、本日は通用しないところがあるでしょう。
やはり、たっぷりな思い入れが必要なのでしょう。情に訴えることも時には有効となります!

中途半端な気持で仕事に取り組むと、ミスが生じやすい時ともいえます。

明日になれば、月は蠍座にて木星と重なり、スムーズな流れに戻ることでしょう。


本日の写真は、先日の浅草ツアーのものであります。
ご参加者のお一人 I様のカメラで撮っていただいたものであります。
プライバシー保護のため 私以外のご参加頂いた方々のお顔はぼかしをかけております。

S0088.jpg

コメント(18)

前のページ  44  45  46  47  48    >>|