青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  44  45  46  47  48    >>|

2018年08月03日 04:57
月は牡羊座後半を行きます

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フォトコンのお知らせです。

07月の掲載写真の中からお気に入りの日付けをお送りください。

ご応募期間は08日までとさせていただきます。


抽選で01名様に30分鑑定をプレゼントさせていただきます。

こちらまでmailto:aoyama5gyo_go@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、月は牡羊座後半度数を進んでゆきます。
そして正午前あたりから、先ずは山羊座19度の冥王星と90度をとり、続いて獅子座20度の水星と120度をとります。


月と冥王星の90度=嫉妬 コントロール不能な激情

月と水星の120度=文才  機転が利く 気配り


再び このような矛盾の座相が展開されます。
占星術のセオリーとして、このような場合はどちらの座相が優位かというと、遠い星の暗示という事になりますので、冥王星が絡んだ暗示が強くなりますので、くれぐれも 過剰な思い入れにはご注意ください!

明日になれば自然と気持は落ち着いてゆくはずです。

明朝04時51分には月は牡牛座に入り、冥王星ともシンパシーを有するポジションとなりますので、本日の激情は一過性のものであることが お分かりになると思います。

DSC_1492.jpg

コメント(3)

2018年08月02日 05:16
火星と天王星の90度

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日記しました、天王星と土星の120度についての項は、ある意味、良き暗示と言えます。

他方で同時に 天王星と火星がタイトな90度を形成しております。

こちらは非常に神経が尖って 昂奮しやすく、時には暴力的になり、突然の破壊や破局を暗示すると言う厳しいものになっております。


昨日の暗示とは、全く正反対かと思いきや、このような厳しい精神状態を忍耐力でクリアすることが、その後の事態をより良きものにしてゆくという意味となるのではないかと思います。


感情の昂ぶりに任せて、争うのは簡単でありますが、その後の処理が非常に難しくなります。

やはり、ぐっと堪えてこそ、その後の展開も有利に進むのではないかと思います。


天王星と火星の90度
天王星と土星の120度

共に08月12日あたりまで継続いたします。
心して過ごしてゆきましょう!

DSC_1486.jpg

コメント(9)

2018年08月01日 06:22
火星が地球に大接近!!

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日から08月 いよいよ夏も終盤を迎えました。
07月が異様に暑かった事は北半球全般に及んでいたそうです。
これを災害とみるならば、やはり天王星の星座移動と星座の境近辺に天王星があるときは注意を要すると言うことになるのかもしれません。


そして火星の地球への大接近も一因かもしれません。
昨夜も南東の空に赤くまたたいておりました!

6000万Kmを切るのは 2003年以来  大体13~15年ごとに起こります。

一番遠いときは3億Km台ですから、本当に大接近です!

天王星は08月06~7日あたりから逆行開始いたします。
そして牡牛座を逆走して、ついには11月07日、牡羊座に戻ってしまいます。
そして順行に戻るのは、2019年01月07日であります。
約05ヶ月の逆行期間となり、星座の境をかすめるあたりでは、またもや、色々な事が起こるのかもしれません。


現在 天王星は牡牛座02度にあり、山羊座02度の土星と良きバランスであります。
これは 困難に耐えて忍耐強く物事を遂行してゆく暗示であります。
多少の難問にも躊躇せずに、気合を入れてゆく時です。

「忍耐強い赤ん坊はいない」の名言が示すように、忍耐とは後天的な美徳であり、それを持つ人は 多くの修養を積んだ方であります。


逆境に耐える事 そして その先を信じられる力を持つことが、人生を豊饒にしてゆくのではないでしょうか!?

DSC_1484.jpg

コメント(16)

前のページ  44  45  46  47  48    >>|