青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  40  41  42  43  44    >>|

2018年07月20日 04:59
太陽は蟹座27度へ=「土用」

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日10時14分 月は蠍座へと入って行きます。
そしてその瞬間から、牡牛座の天王星と180度を形成してゆきます。


この暗示は、反目 男女関係の危機 突然の心変わり などという事になりますから、ランチタイムには充分な注意が必要です。


ちょっとした一言が問題をクローズアップしていってしまうようです。
冗談のつもりが、相手の逆鱗に触れて激高されたりします。


夕刻には、山羊座の土星と60度となって行きますので節度ある対応ができてゆきますので、本日の交渉やデートは夕刻からのほうが無難ではありますが 厄介なことにその後、19時頃からは水瓶座の火星と90度となってしまい、何かにつけて文句を言いたくなってしまいますので、感情の動きはジェットコースターのような一日となります。


こんな日は、逆に気遣いをせずにのんびりと、仕事も程々、恋も程々がよろしいのかと思います。


本日から東洋で言う土用の時が始まります。
これは08月07日の立秋まで続きます。
たまたま 土用の入りの本日が 癸丑 の日に当たりますので、鰻屋さんは大忙!!

地の力が強まりすぎますので、
植木の植え替えや 土木工事は禁忌とされています。
(俗信では有りますが、納得するところも多々あります)

DSC_1332.jpg

コメント(15)

2018年07月19日 05:44
金星、乙女座10度に進む

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日正午過ぎに、金星が乙女座の中盤に入ってまいります。


星座の配置とは 天周360度を12星座に分けますので、一つの星座が30度の範囲となります。

その30度を

第1デーク 00~10度未満
第2デーク 10~20度未満
第3デーク 20~30度未満

このように分割いたします。


第1デークは その星座に入ったばかりの若い度数なので、その星座の特徴がもろに出ます。

第2デークは その特徴が安定してきたところです。


第3デークは その特徴が老成して行くところであります。


乙女座の第2デークに入った金星は、几帳面さや博識加減が一段落して、安定した審美眼を備え品位を保ちます。


この金星が更には、山羊座の土星と冥王星と良きバランスを保ちますので、本日は金星の象意である、品位 美しさ 優雅さと言ったものが安定する傾向にあると言えます。


一方で天秤座を行く月が14時頃には天秤座19度に進み、山羊座19度の冥王星と90度をとります。
こちらは思惑外れという事になりますので、はたまた天に矛盾が生じて、地にも矛盾があふれ出します。


このあたりをどのようにバランスをとってゆくか?

矛盾を如何に背負って歩んでゆくか?
その積み重ねが奥行きのある人生を作ってゆくのではないでしょうか!

DSC_0022.jpg

コメント(15)

2018年07月18日 06:08
月は天秤座に

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日04時43分に月は天秤座に入りました。
これにより 水瓶座の火星とトライン=120度の関係を終日維持することになります。

月と火星のトラインの暗示とは、活動的 意志と行動が一致するのでスムーズな進捗が何事にも表れやすくなります。


天秤座も水瓶座も風の星座=知性の星座でありますから、知的活動には特によい進展がもたらされるでしょう。

正午頃は、月は天秤座04度にありますので、山羊座04度の土星と90度となり、少しばかりの制約感やプレッシャーを感じることになりますので、ランチは一人のほうが宜しいかもしれません。


上長やあまり親しくない方との同席は、充分に気をつかって吉であります!!
親しくなろうとしたり、関係を深めようと意識的にしないことがよろしいかと思います。


午後からは、ご自身の心の赴くままの行動が吉を招く要素は強いので、正午あたりのプレッシャーを引きずらないことが肝心です!

DSC_2953.jpg

コメント(16)

前のページ  40  41  42  43  44    >>|