青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  35  36  37  38  39    >>|

2018年02月03日 05:31
鬼は外!福は内!=節分


節分とは何でしょう?
節を分けるとは、年の変わり目を指しているのです。

東洋暦では立春が1年の初めとされております。
つまり、太陽が水瓶座15度に達する時が一年の初めであります。

明日の02月04日には『立春』となり、本日は酉年の最後の日なのであります。
立春から晴れての 戌年となるのです。


中華圏での「春節」とは、2018年は02月16日となります。

通常では立春から数えて、初めての新月の日が元旦となるのであります。

(旧暦では閏月がありますので、これに当てはまらない時もあります)
ですから中華圏では02月15日が大晦日と言う事になり、その辺りから正月休みとなり、大規模なお祭りとなるのです。


中華圏での大晦日を「節分」と日本では称します。
長い冬があけて 一陽来復 の時であります。


本日、月は乙女座後半をゆき、山羊座20度付近の冥王星と120度をとります。
これは、月蝕でざわついた心の修復にはもってこいの座相となります。
午後からは、月は蠍座21度の木星とも60度の調和的な角度となりますので、落ち着きが戻ってくる一日となって行くのでしょう!


明日は、立春の青山五行開運ツアーです。
浅草 雷門前10時30分集合です。
お申し込み締め切りは 本日20時であります。

お申し込み・お問い合わせは・・・青山五行事務局  大田まで

tel 08056521313

beech_n@yahoo.co.jp

DSC_9005.jpg

コメント(9)

2018年02月02日 05:33
月は乙女座へ、満月域解消

本日未明、04時14分に月は乙女座に入りました。
これで満月域は解消となります。
満月の緊張も解けたと思いきや!
射手座04度付近の火星とこの月が午前中はタイトな90度を形成いたします。

月と火星の90度の意味は 短気 衝動 争い 口舌 と行ったものとなります。

乙女座の月は常識的であり、射手座の火星は自由奔放でありますから、やりたい放題の本能に、心がブレーキをかけて、それが大きな葛藤となり、ジレンマとなり、爆発してしまう可能性があります。

しかし、午後に入ると、山羊座05度付近の土星と月はタイトな120度を形成してゆきます。
こちらの意味は、良き制約 常識的 落ち着き 心のコントロールということになりますので、午前中は単独作業で午後からは共同作業や折衝に向いているのではないかと考えます。


乙女座の月は、分析的な性格を持つとされます。
つまり乙女座の守護星・水星と月のコンジャンクションの意味と同義という事になります。
知性横溢、気配り、機転が利く、語学能力などを暗示することになります。

月と土星が120度を組む、正午あたりからは、この特性がより活かせるようになるでしょう!

DSC_9016.jpg

コメント(17)

2018年02月01日 05:10
月と金星の180度

01月と02月をまたいでの月蝕で02月は始まりました。

真の満月=月蝕のピークは去りましたが、満月域は明日02日未明04時14分までで継続いたしますので、満月の興奮や高揚は本日も続く模様です。
本日は08時頃、月は水瓶座17度の金星とタイトな180度を形成いたします。

これは 不和 異性関係のもつれ などを暗示します。
月蝕での 心の動揺が人間関係に表れてしまうのかもしれません。

昨日に続き、ここでの争いは無為なものであることを納得して平穏に過ごす事を心がけてください。
今までの関係が壊れてしまうかもしれません。
どうぞ慎重に言葉や態度を選んで接する事をお勧め致します。

少しばかりオーブは広いですが、この月と金星の180度に蠍座の木星もTスクエアで絡んでおりますので、争いがどんどん大きくなっていってしまうことも考えられます。

友人同士の場合など周囲を二分してしまうような結果ともなりやすく、ご夫婦、恋人同士の場合でも家同士や親族との対立まで招いてしまいそうです。

02月は、このように最初から波乱含みな展開となります。
本日は、水瓶座に水星が入ったので、論理 仕事 システムなどには適性があります。
仕事モードで行くことに幸運の種子が宿る時であると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・
01月フォトコン
01月01日から昨日までの写真投票です。
今回からは 1位 2位は関係なく ご応募頂いた全員の方から抽選で お一人様に30分無料鑑定をプレゼントと言う事にさせていただきます。

ご応募はこちらまで、01月〇日とご記入くださいませ!

mailto:aoyama5gyo_go@yahoo.co.jp

DC_8995.jpg

コメント(22)

前のページ  35  36  37  38  39    >>|