青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  105  106  107  108  109    >>|

2016年01月24日 07:14
月は獅子座へ満月へ

本日04時22分 月は獅子座に入りました。
そして 10時43分 獅子座03度に進み 水瓶座03度の太陽と180度をとり、満月となります。

以前にも記しましたが

星座の180度の関係は 同じような傾向で違う方向 という矛盾を秘めた関係となります。


獅子座=王様


水瓶座=神様


今回の太陽と月の180度は この王様と神様の対決なのです。
この2つは特に不動宮という頑固とされる星座に属します。

獅子座の月も水瓶座の太陽も今回は頑固です。

これを我々の世界に当てはめると あちこちで意地の張り合いが展開されるという暗示となります。
ほどほどにしておきましょう。今回の満月はコンプロマイズ(仲裁 妥結)してくれる星も無いので 意地の張り合いが続いてしまいそうです。

DSC_9722.jpg

コメント(8)

2016年01月23日 06:22
水星 速度を落とす

山羊座を逆行中の水星に ブレーキがかかってきました。
これは山羊座15度での足踏み状態です。
ここには冥王星があり ここ数日 冥王星とコンジャンクション状態です。
水星は25日に山羊座14.8度台まで逆行しますが そこから順行に転じますので、ほぼ今月いっぱいは 冥王星とコンジャンクション状態だと思っていただいてもよろしいかと思います。

この期間を 思考の転換や見直しにお使いになることが有効な過ごし方だと思います。

壁にぶつかっていた問題の解決策が 思いがけないところから浮かんだりもします。

昔、流行った「発想の転換」や「水平思考と垂直思考」などのように、価値観の基準を、ものの考え方の立場を 少し変えてみることで 全く違った世界が広がります。

水星逆行や水星と冥王星のコンジャンクションを有意義に使うことです。

DSC_9666.jpg

コメント(26)

2016年01月22日 06:36
月は蟹座へ 水の星座のグランドトライン!

昨日 22時29分に月は本来の座である蟹座に戻って来ました。

蟹座での月はその力を最大にいたします。
つまり本日 明日くらいは 感情のふり幅が大きくなると言う暗示なのです。
喜びも 悲しみも 極端に増幅される配置でもあります。
逆説的には 大袈裟な感情のだしかたを好む時期 となるのでしょう。


そんな中、正午近くから月は蟹座07度に進み、
魚座08度の海王星とトライン、蠍座09度にある火星とトラインを形成いたします。

つまり 水の星座でのグランドトラインが出来上がるのです。


水の星座とは「情」を司るものとされます。
情の星座のグランドトラインに 情を表す3天体が調和するのは、素晴らしい現象です。

月=感情

火星=情熱

海王星=夢幻。拡張効果

このようなリレーションシップが出来上がりますと 心の中は耽美を通り越して ファンタジーも通り越して行きかねません。

創作や企画には傑作が生まれる配置です。
もちろん パートナーシップにも大いに活かしてゆける座相であります。

DSC_9557.jpg

コメント(20)

前のページ  105  106  107  108  109    >>|