青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  107  108  109  110  111    >>|

2019年11月04日 06:31
上弦の月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、月は水瓶座前半を進みます。
このため夕刻からは蠍座11度の太陽とスクエア=90度となるために半月を形成いたします。

これは満月に向かう途中の半月でありますから『上弦の月』となります。

満ちてゆく過程の半月は、葛藤と情熱の昂ぶりが特徴でありますので、気持と行動がそぐわないままでも、そのまま走っていってしまうような傾向となります。


蠍座の太陽=気持ちや肉体への執着

水瓶座の月=博愛 孤高


これらが上手くかみ合うはずはなく、方向性が取れません。
ましてやこの2つの星座は不動宮と呼ばれ、頑固な星座でも有りますから、お互いに譲ろうともしませんから、少しばかり面倒な時となるのです。


このような矛盾を抱えたまま歩き続ける、まるで人生の縮図のような一日となるのでしょう。

DS_0001.jpg

コメント(9)

2019年11月03日 06:23
火星と冥王星の90度=活力の高まり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、火星が天秤座19度を進み、山羊座20度の冥王星とタイトな90度を形成して行きます。


火星 =行動力
冥王星=破壊と再生

これが上手く関わると、大きな創造力や再生力、持久力を持つ事になりますが、90度のようなミスマッチですと、エネルギーの放出が円滑に行われなくなりますので、巨大なエネルギーが方向性を持たないことになり、暴力的になり、事故や破壊行為に繋がってしまう暗示となるのです。


実際に火星と冥王星の60度や120度を出生図に持つ方は忍耐強い方が多く見受けられます。

では00度や90度や180度は悪いかと言うと、そんなこともありません。
エネルギーを上手くコントロールできている方は成功を収めていらっしゃいます。


つまり、強いエネルギーを持つ組み合わせであり、それをどのように使うかが問題なのであります。

DSC_6642.jpg

コメント(13)

2019年11月02日 06:11
金星、射手座に入る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各星座の本日のキーポイントはこちらに!

https://ameblo.jp/vinokoike/

↑クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日、金星が蠍座から射手座に移行します。
蠍座は金星にとっては居心地のあまりよく無い場所、いわばアウェイの状態でありました。
そこでは金星の持っている、気品や美しさが充分に発揮できない状態となりがちなのです。

ですから、天秤座や牡牛座の方は特にその影響があったと思われますが、本日よりそれは氷解して行きます。

金星は射手座にて木星と同一星座となるために、輝きを増して行き、自由でフランクな雰囲気となります。


一方で月は山羊座にて、土星、冥王星と一団となっております。
これは、感情の抑圧と心変わりを表します。


射手座 山羊座 どちらの力が強いかと言うところは個人の天体配列によるところが大きいと思いますが、節度ある態度にて自由な行動が一番、理にかなっている日ではないかと思います。

SC_6630.jpg

コメント(13)

前のページ  107  108  109  110  111    >>|