青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  86  87  88  89  90    >>|

2016年10月08日 06:57
寒露=太陽が天秤座15度

本日、日の出の頃、太陽は天秤座15度に進み、東洋二十四節気で言うところの『寒露』となりました。

「鴻雁来る」というこの季節。北より渡り鳥が南下してきます。
秋の気配が更に深まってゆくこの候、東洋暦では「戌・いぬ」の月となり、11月の亥=冬 に入ってゆく切り替えの時期となります。

晩秋と言う言葉が、しっくりと来る時期に入ってゆきます。


そんな、しっとりした時期なのに、月は早朝、山羊座に入り、火星と冥王星と過ごす、数日となりました。
本日、明日と感情は昂ぶります。山羊座という制約の座にあっても、火星と冥王星、それに月が同室であると、恋愛感情の基礎となる、性的妄想は静かに広がってゆき、心を覆ってゆくはずです。

抑圧と暴走 非常に感情をコントロールすることが難しい時期でもあります。

DSC_3145.jpg

コメント(11)

2016年10月07日 04:37
水星、天秤座へ=まさに読書の秋

本日 16時過ぎに水星が天秤座に入ります。
この天秤座には、現在、太陽、木星とあって、特に木星とは、ここから約1週間くらいはコンジャンクション状態となりますので、知的興味や好奇心が旺盛になってゆきます。

人様の噂話から、アカデミー賞の研究まで、好奇心を満たすと言う欲求が、人それぞれの知の程度においで高まってゆきます。

一昔前ならば、知的好奇心を満足させるものは 『活字』 が大半だったのですが、今はネットやTV マンガ ゲーム 音楽といった大量な知的好奇心を煽るものが蔓延しておりますので それぞれの方向性において 何かに没頭してゆくと言う傾向が強くなるのです。


ここまで世の中が多様化してくると、読書の秋 などという言葉は死語となってゆくのでしょう。


加えて、火星と木星が90度を形成しております。
こちらは運動過剰での事故怪我などを暗示します。スポーツの秋もいいのですが、怪我や過剰な負担には注意が必要です。

DSC_3165.jpg

コメント(9)

2016年10月06日 06:06
太陽と冥王星90度期間の始まり


太陽が天秤座13度に進んできました。
山羊座14度にある冥王星とタイトな90度の期間となってゆきます。
本日より5~6日間、この座相はタイトに維持されます。

この意味は、自分自身の行動ビジョンと潜在的な欲求がうまく統合されないので、実現不能な目標を掲げたり、自分の力を過信したり、他人を見下したりと、少し厄介な方向性を誰もが抱く期間となりやすいのです。


ここではいくら、自分が正しいと確信しても、それを主張することは得策ではありません。
誰しもがそう思っているからです。

その果てにあるものは、論争 仲たがい 利害の対立に激化など、良いことはありません。

DSC_3107.jpg

コメント(28)

前のページ  86  87  88  89  90    >>|