青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  86  87  88  89  90    >>|

2018年03月30日 04:01
月と冥王星のトライン(120度)=立ち直り

本日10時頃に月は乙女座20度台に入ります。
これにより山羊座21度に逗留している冥王星と調和的な120度=トラインとなります。


月と冥王星の120度は、気持の復活や再興、生活信条の変化を表します。

これでゆくと、一ヶ月に二度そんな事があるのか?と思われてしまいますが、気がつかないほどの好みの変更や考えの変更が行われていると私は考えます。

このトランジット=実際の天空の座相よりも強い作用を持つのが、プログレッションと呼ばれる手法での月と冥王星の関係です。

実際にプログレッションの月と冥王星の関係、特に約28年に一度あるコンジャンクションではその影響は明らかであります。
私などもこれを約5年前に経験して、驚くほどの人生の転換が生じました。
まさに REBORN といった感じであります。

そこまで大げさではないですが 月に一度のトランジットの月と冥王星のコンジャンクション、またはトラインが何らかの見えない変革を人生に与えていると確信します。

今日もそのような小さな価値観の変化が訪れるのでしょう。

加えて月は蠍座22度の木星とも60度という好角度でありますから物質的メリットも大きな一日となることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

風の音で早く目がさめてしまいました。

東京の満開の桜も、この狂風の散らすところとなるのでしょう。

本日の一枚は 一昨日の赤坂プリンスの妖艶ライトアップの桜です。

DSC_9450.jpg

コメント(27)

2018年03月29日 04:48
乙女座の月

昨夜、乙女座に入った月は10時頃には、乙女座06度に進み、山羊座06度の火星、08度の土星とタイトなトラインを組み始めます。

昨日に続き、月の120度の座相の説明となります。


月と火星の120度=行動的 早とちり 気持と情動の一致

月と土星の120度=実際的現実的手腕 経営の才 


そして火星と土星のコンジャンクションの暗示とは、情念を押さえつけてしまう、やせ我慢や社会的規範に従い情を殺してしまう。
そんなイメージとなります。


こうなると非常に矛盾した厄介な状況が想像されるようになります。
行動的になるものの、それは誰かの影響下にあるような管理された積極性になってしまう可能性があるのです。

本当はやりたくないのに、しょうがないから一生懸命やっているというような状況が考えられます。

昨日と違って、本日は実際的な地のエレメントの星座である、乙女座と山羊座との間ですから、華やかさとは無縁で、実質経済優先といった行動となってゆくのでありましょう。


ですから実務には適した日であるという事がいえるのです。

DSC_9310.jpg

コメント(30)

2018年03月28日 06:07
月と金星の120度=トライン

本日、月は獅子座20度台を行きます。
23時31分に乙女座に入るまで、金星と天王星とトラインの関係となります。


月と金星の120度は、品位や人気を暗示いたします。

月と天王星の120度は、個性を活かした演出や行動に利があるという暗示であります。


そして金星と天王星も近づいてゆきますので、こちらの意味合いは、人を惹き付けるなんともいえない魅力を表し、刺激的な恋愛や、特殊な芸術的才能などを暗示するものであります。


人気 個性 恋愛 これらの暗示が火の星座である牡羊座と獅子座で起こるということは、創造性があふれ出し、ロマンチックな気分に傾いてゆくことを強く暗示するのであります。


月と金星の120度を、出生図にお持ちの方は、男女共に品位を有し、穏やかで 争いを好まない傾向があります。
激しい競争社会には向きませんが、個人的な穏やかな生活の中では、非常に幸せな生き方をするという特徴があります。

出生図にない場合でも、ご自身の出生の月にトランジット=実際に運行している金星がこの角度を形成する時は、人気運が上がる時といえます。


本日は天空にて、それがそのまま出来ていますので、万人にこの影響で、穏やかで優しくなれ、人とのお付き合いも円滑にゆくという暗示となるのです。
もちろん、好戦的な方はこんなことはお構いなく争い続けるでしょうが、いつもよりは優しくなるはずです。

///////////////////////////////////

2018 第2回 青山五行開運ツアー 柴又編    ←クリック

DC_9309.jpg

コメント(27)

前のページ  86  87  88  89  90    >>|