青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  86  87  88  89  90    >>|

2016年11月09日 06:51
火星、水瓶座へ

本日、14時40分過ぎ頃から、火星は水瓶座に入ってゆきます。
今までは、山羊座にあり冥王星と同宮でしたので、情熱的な要素がちりばめられておりました。

山羊座という事もあり、社会的価値観に従った行動や、社会正義といった事柄に情熱を燃やしました。

しかし、水瓶座とは、ある意味、反社会性を表すところでもありますので、常識はずれの行動を好むようなところが出てきます。


興奮と緊張 革新的行動 ヒステリックな信奉など、自由を希求したり、風変わりな行動をしやすい傾向が高まります。
11月20日頃までは、水瓶座の第一デーク(0~10度まで)にありますから、木星以遠の星とはメジャーアスペクトをとりませんので、抑制が上手く効かない状態ともいえますので、情熱 欲情の暴走には注意が必要です。

IMG_28.jpg

コメント(16)

2016年11月08日 06:55
上弦の月

本日、月は水瓶座の後半度数を行き、蠍座の太陽と90度の関係になり、半月となります。
これは満月に向かう途中の半月なので「上弦の月」となります。

水瓶座・蠍座とも不動宮と謂われ、非常に頑固で動じない性格を持ちます。
そこに入った月と太陽は、お互いに譲ろうとはしないので、普段の半月よりも、強力に自己主張をして、葛藤は大きくなります。

執念の星座・蠍座の太陽
自尊の星座・水瓶座の月


この両者の対決と言うか、ねじれの関係が今回の上弦の月ということになります。
新月に向かう「下弦の月」よりも情熱がほとばしりそうな「上弦の月」ですから、更に焦燥感はアップするやも知れません。

l4.jpg

コメント(16)

2016年11月07日 04:56
太陽は蠍座15度に進み 『立冬』

本日 太陽は蠍座15度にあり 東洋暦で言うところの『立冬』となります。

月の干支は 「己亥」 いのししの月となりました。
東洋暦では 冬の干支の支は 亥・子・丑 となり、水の気が旺盛な時となります。
水の気は色で言えば 黒 つまり玄冬=「玄」とは黒いと言う意味です。

東洋で言う冬の期間とは11月07日から02月04日の立春までを指します。


蠍座15度に進んだ太陽は、山羊座15度の冥王星と60度を形成いたします。まさに再生の時が始まるようです。
これは 全てのものに復活や再生のエナジーが注がれる配置とされます。

私事ではありますが、昨夜メインPCが起動しなくなり、夜を徹してのハードディスク入れ替え作業。

11月後半の運気の原稿などバックアップをとっていなかった為に消失。最近撮ったブログ用の写真も一部消失。

またやり直しを強いられます。

こんなことも人生には、山ほどあります。やり直せるという事は、言い換えればやる事はあり、生きている証。やり直せるということを良き意味にとらえて行きたいと思います。

まさに再生!!

DSC_3082.jpg

コメント(34)

前のページ  86  87  88  89  90    >>|