青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  85  86  87  88  89    >>|

2016年03月24日 06:30
小さな十六夜(いざよい)の月

今宵も月はほとんど丸い形をして中天に浮かびますが その大きさは、非常に小さいものとなります。
天秤座27度にはリリス=月の最遠隔点=があり、これに近づく為です。

満月後の十六夜の月は 明日に日付けが変わる頃 頭上あたりにやってきますが、これはとても小さく見えるのです。

この時、月は天王星と180度をとり始めますので、気持ちがかたくなであったり、反目をしがちです。
加えて 月は冥王星と90度をとりますので、更なる思惑はずれなども経験しやすいでしょう。

ですから本日の深夜の行動は、あまりお奨めはできません。
週末に備えて 早めのご就寝がよろしいのではないかと思います。


月がリリスと近づくことの意味は 「不安」 でもあります。
木星以遠の星もハードな角度で位置しておりますので、年度末のあわただしさと相まって、状況は混乱しがちとなります。

DSC_0158.jpg

コメント(5)

2016年03月23日 05:32
満月@半影月蝕

本日の満月は 21時02分です。
太陽は牡羊座03度 月は天秤座03度にての天秤座での満月となります。

ドラゴンヘッドは乙女座21度にあり 地球の影が直接は月に落ちないものの、うっすらとした影の端が月を多少 暗くさせます。

これを半影月蝕と呼びます。

半影月蝕の最大は 20時46分ごろの予測です@東京。


日蝕の意味が為政者にとってのトラブルならば 月蝕とはその反対で人民や目下のもの、被支配階級のトラブルを暗示するものと、昔方からの言い伝えにはあります。

何回も記しましたが、天秤座と牡羊座の方々の波乱の幕引きが、今回の半影月蝕といってよいかと思います。

この太陽と月の180度に対して。射手座05度の火星が許容角ぎりぎりでコンプロマイズを形成。
行動による解決。自ら行動することによっての打開を暗示しております。

DSC_014sa8.jpg

コメント(33)

2016年03月22日 06:37
夕刻からは14番目の月

乙女座に入った月は本日、正午頃より木星と重なり合います。
これは頻出ですが 木星=リッチな父 月=そのお嬢様 のランデブーとなりますので、
娘に甘い父親は、いくらでも散財し、娘との楽しい時を共有しようと努めます。
また娘はそれを素直に享受する事で、幸せな気持ちになれます。

ある意味、幸せな、ある意味、無節制な意味がありますが、素直に人生の楽しみを享受すると言う暗示が勝ると思います。

それに明日の満月を迎えるにあたり、心ときめく14番目の月。
満月域に入るのは、月が天秤座に入る明日、23日14時24分です。
乙女座の月はアナライザー=分析機の傾向を持ち、牡羊座の太陽とは相容れませんが、またそれが気持ちを高ぶらせるのかもしれません。

本日は水星も牡羊座に入って、太陽とコンジャンクション。そのことによって射手座の火星とも120度を作りますので、仕事もスピード感が出てきます。

気持ちも高ぶり 論理的にもなる。全般において盛り上がりの傾向が強い日になりそうです。

DSC_0131.jpg

コメント(12)

前のページ  85  86  87  88  89    >>|