青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  68  69  70  71  72    >>|

2016年05月14日 05:30
05月後半2016概況

 木星は順行に戻り、この期間、逆行の天体は水星・火星・土星・冥王星の4天体となります。水星は22日夜半には順行となります。

まず、15日、月は乙女座で木星と重なります。
これは物心両面でのメリットを表す座相です。この時には牡牛座に太陽・金星・水星、山羊座に冥王星と、地の星座に6天体が入りますので、特に物質的、経済的な恩恵が強調されるでしょう。

一方で木星と土星が90度を保つこの期間、進捗速度は少しばかり低下いたしますが、あまり気にしないことです。確実に進んでは行きます。

19日、月がリリスとコンジャンクションいたします。
月が地球から一番遠くなりますので、多少不安に傾きやすくなるのです。

20日23時30分頃、太陽は双子座に入ります。
太陽黄径60度、東洋二十四節気で言うところの『小満』となります。
緑は濃く、日差しも強くなってゆく侯です。

22日、03時49分に月は射手座に入り、満月域となります。
太陽は双子座01度台ですので、月が射手座に入った瞬間から満月といってよい状態になるのです。
22日、06時16分、双子座01.23度の太陽と射手座01.23度の月が180度と成り、射手座にて満月が形成されます。
そしてこの満月には、火星がぴったりと寄り添います。
火星は射手座01.99度を逆行しておりますので、非常にタイトな月と火星のコンジャンクションと成り、太陽・火星の180度ともなるのです。
これは精神の高揚や感情の振り幅が非常に大きくなることの暗示です。
更には、水星が逆行から順行に移る「留」の状態でもあります。
22日の21時頃に水星は順行となります。

今期の中で一番の大きなうねりのある日が22日となります。
ここでの行動は慎重に!!


23日、射手座10度台に入った月が土星と重なります。
これは、少し重たい精神状態を示します。 プレッシャーや他からの感情的圧力を感じやすくなります。


24日、金星が双子座に移ります。

25日、月は山羊座にて冥王星と重なり、感情のリフレッシュが期待されます。ここ数日間のプレッシャーからの解放です。


27日、水瓶座に入った月と太陽の120度。論理性や知性が非常に高まる日ですので、仕事の効率はアップしてゆきます。

28日、逆行の火星が射手座から蠍座に戻り、逆行といえども火星の力は増してゆきます。

29日、下弦の月となり、更に月は海王星と重なり、金星とは90度。
精神的にはハードな日となりそうですので、無理や虚勢は無用です。


本日24時 青山五行HPに各星座の運気をアップいたします。
どうぞご覧くださいませ。
加えて 第9回プレミアム会員募集の告知もさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

DSC_08h98.jpg

コメント(6)

2016年05月13日 04:24
逆行の水星が金星と接近

牡牛座17度を逆行する水星が、牡牛座16度を順行する金星と交差寸前の一日となります。

これは仕事や付き合いにおいても如才なく振舞え、文芸、芸術などの話題も盛り上がり、非常に人付き合いがスムーズな暗示を持ちます。
ですから本日は実務が進んでゆきます。週末、金曜日の仕事の締めくくりとしては最適な日となります。
仕事に趣味に、また恋にも良き日となりえます。

正午前には月は土星と120度となりますので感情は安定傾向でありますが、その後、月は金星、水星と90度となりますので、なかなか素直に気持ちを出せなくなる傾向も否めません。
少しばかり矛盾を包括した座相が展開されますが、難なく過ごせるはずです。

本日のキーワードは「節度」ということになります。

DSC_0791.jpg

コメント(10)

2016年05月12日 04:38
月は獅子座へ

本日06時33分 月は獅子座へと移ってゆきます。

これに呼応するのは、射手座05度を逆行している火星です。
終日、月と火星の120度の暗示は有効となるでしょう。
これは、感情と行動が一致するために、苦労や努力を厭わないで、目標に到達すること。
そして火の星座間の120度ですから、インスピレーションが湧き上がりやすい。
そして、異性の力添えを期待できるということ。
このような影響が多分にあると思います。

明日は月が、獅子座10度台に進むために牡牛座の金星とは90度となります。
これは愛情表現がスムーズさを欠いてしまう暗示と成りますので、本日中に異性間の協力事項は済ましておいたほうがよいと思います。
月は土星とは120度となりますので、こちらは実務的ですが真面目が過ぎる傾向になってしまう懸念があります。

DSC_078a4.jpg

コメント(12)

前のページ  68  69  70  71  72    >>|