青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  10  11  12  13  14    >>|

2016年11月02日 06:58
月は射手座へ

昨夜23時44分 月は射手座に入りました。
新月域は解消し、月=感情は自由を希求します。

射手座には既に、金星と土星がありますので、物事に対する探究心が旺盛になったり、恋愛については自由さが強調されてゆく数日間となるでしょう。

一方、太陽は蠍座第2デーク=蠍座30度のうちの10度~20度未満の領域に入ってゆきます。
この区間は冥王星の影響のほかに海王星の影響も強くなるとされております。
そして、この太陽と魚座にある海王星がトライン=120度の関係ですので、海王星=夢見能力 妄想 は良き形で暴騰してゆくようです。

それらを上手く実生活や企画 仕事に取り入れると効果は大かと思われます。
一般的に申しあげれば、想像力が高まります。
それを如何に現実と結びつけるかが焦点となります。

DSC_3347.jpg

コメント(17)

2016年11月01日 06:39
遠い月

昨日 蠍座で太陽と重なった月は 本日未明リリス=月の最遠隔点と重なります。
つまり月が地球から 一番離れてしまうことを表します。

通常、その距離は約36万キロですがリリスのポイントは40万キロ以上となります。

月=感情  これが太陽=主体 から離れると人間は不安になります。

現在でも月は地球から、毎年に3センチ離れて行くと言うことです。
人間はどんどん不安になってゆくのでしょう。
古代、人間の原型が世に出てきた頃、月はもっと近くにあったので人は不安ではなかったのかもしれません。

未来に行けば行くほど 人は不安を感じる存在になってゆく。
星の観察から一つの心理(真理)が垣間見られるかのようです。

DSC_3258.jpg

コメント(10)

2016年10月31日 06:38
11月前半概況2016

11月は新月域から始まります。
10月30日に蠍座に入った月は11月01日の23時44分まで蠍座にあります。

01日は太陽、水星も蠍座にあり、とても執着が強まる時ですが、月の最遠隔点=リリスも蠍座ですので、何となく不安も付きまとう11月の始まりとなります。

02日、月が射手座に入ると、射手座の金星、土星とトリプルコンジャンクションの数日となります。
この暗示とは 抑圧された愛情 と言うこととなります。
決して不運を表すものではありません。貞節観念が強くなると言い換えてもよろしいかと思います。

04日の正午過ぎ、月は山羊座に入ります。
ここには冥王星と火星がありますので、感情の振幅が、いやがうえにも高まる数日間となってゆきます。


この時期 蠍座から山羊座にかけて 過半数の天体が入っていますので、01日から06日までは、気がそぞろ、または移り気、または日によって考えが変わったりする期間といえそうです。
ここで無理して結論を出さないのも、一つの方法と言えます。


09日、火星が水瓶座に入ります。
冥王星との同室が終了したことで、暴力性などは影を潜めますが、水瓶座の火星とは ちょっと変わった欲求が生じやすくなるようです。
この日は、月が魚座に入って海王星と同室となる為に、非常に耽美的となると同時に、火星の影響で、ちょっと変わった欲求を抱くようにもなるのです。

12日、金星が射手座から山羊座に入りますが、今までも射手座にて土星と同室でしたので、土星が守護星の山羊座に入っても、それほどの変化は無いようです。

13日に日付けが変わってすぐに、水星は射手座にあります
射手座の水星の特徴は散漫なる興味 何でも見てやろうとする知性 集中はなかなか難しい時期となります。

13日の11時24分、月は牡牛座に入り蠍座の太陽と星座的には180度となり、満月域となります。
牡牛座はお金や物に対する執着、蠍座は人の心や身体に対する欲求を暗示します。
この葛藤が高じると、仕事・経済を取るか、愛やプライベートを優先するかの狭間で大いに悩むようになります。
そしてそのピークが14日、22時53分の牡牛座22度にて形成される満月となるのです。

では本日24時 青山五行HPに各星座の詳細をリリースいたしますので 是非ともご覧いただきたく思います。

DSC_3343.jpg

コメント(13)

前のページ  10  11  12  13  14    >>|