青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  109  110  111  112  113    >>|

2016年01月11日 06:05
月は水瓶座へ

本日05時23分、月は水瓶座に入り新月域は解消となりました。

山羊座から抜け出て 水瓶座に入った月は 自由と革新を纏います。
気持ちの重圧が薄れてゆく暗示だと考えます。


ところがこの月は、蠍座04度にある火星と90度を形成してしまい、自由が行過ぎて。反抗的になって好戦的にもなってしまいます。


ましてや星座の初期度数とは その星座の特徴がはっきりと出やすいところでもありますので、情熱的肉体的欲求が強くなる火星に対して、月がシッとさめた感じを投げかけるといった暗示なのです。

そうなると個人の中では イラつきや戸惑いが生じ、結局、人と上手く調和することが難しくなってしまうのです。

本日は 日本では成人の日 どのようなユニークな式典の模様が展開されるのでしょうか?

DSC_9395.jpg

コメント(5)

2016年01月10日 05:49
山羊座にて新月。

本日10時過ぎに山羊座19度にて 月と太陽が重なります。
すなわち新月です。

この新月が通常の新月と違うとすれば、それは冥王星もそこにあるからということになります。

冥王星とは 破壊と再生・修復などを暗示する天体です。

何かを壊して 何かを作り上げる。
そんな暗示の座相が 山羊座という 社会体制を暗示する星座で起こるということは 日本のみでなく世界中で、多くの政治的な変化が起こりうる時期だということがいえるのです。

何もこれは 今に始まったことではなく 2008年に冥王星が山羊座に入った時から ヒタヒタとその影響が出始めているのは、世界の情勢を見れば明らかです。


もちろん こんな天体の配列が 個人に影響を及ぼさないわけがありません。
我々 一人ひとりもその影響下にあります。


山羊座=保守という意味合いで考えれば、今までの価値観を少しばかり変えてみる時にきているのかもしれません。

この機会にいままで手を出そうとして出来なかったことや 分かってはいるのに踏み切れなかったことに 挑戦してみるのも星の理にかなったことなのかもしれません。

DSC_93l36.jpg

コメント(32)

2016年01月09日 06:05
逆行の水星、山羊座に戻る


一旦水瓶座に入った水星が、逆行して山羊座に戻ってしまいました。

この意味は「慎重な知性の見直し」ということになります。

今までの発想を もう一度現実に照らし合わせて考え直す時かもしれません。
年末年始の忙しさから 遠ざがりながら もう一度慎重にすべてのことを、現実に沿って 考え直してみる時期です。

この期間は 水星逆行が終了する01月26日あたりまでです。


昨日から木星も逆行を開始いたしました。

通常に戻ったというか 普通の時が始まってゆくのだと感じます。


本日は月も山羊座にありますので、山羊座の新月域です。山羊座に月・太陽・冥王星・水星と4天体が入りますので、保守色が強くなってゆきます。

DSC_9327.jpg

コメント(26)

前のページ  109  110  111  112  113    >>|