青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  106  107  108  109  110    >>|

2016年06月08日 06:07
月は蟹座から獅子座へ移動

月は蟹座後半度数を行き、蠍座25度の火星、魚座25度近辺のキロンとグランドトラインを形成。
こちらの意味は感情と情熱と優しさが上手く調和するという、素晴らしい暗示となります。

さわやかな交際に気持ちのスムーズな交流に大きな幸福感を感じるようです。

しかし これは15時49分に月が獅子座に入るまでのことです。
16時過ぎからは、雰囲気は変わってゆきます。

獅子座初期度数の月は創造的、情熱的な傾向を強く持ちます。
そして 本日中はこれといったメジャーアスペクトをとりませんので、自由であり制約もないので、その傾向は加速して行きます。


端的に言えば 16時までは協調的な行動、そして16時過ぎからは単独行動が合っているような座相となります。

DSC_0760.jpg

コメント(20)

2016年06月07日 05:58
金星が太陽を追い抜く

太陽が公転している訳はないので奇妙な表現となりましたが、ホロスコープ上、そのように見える配置です。

本日08時頃、双子座16,6度で重る太陽と金星。その後、金星が一足先に17度に達します。

金星と太陽は48度以上はなれることはないので 常に同じ星座か隣の星座にあります。(稀に星座一つまたぐこともあります)

ですから常に追いかけごっこをしているようなものなのです。

本日08時頃が最も太陽と金星の00度の象意である 気品のある行動や男女の良き関係が強調されることになります。


月は蟹座にあり、その力を強くしております。
感情の振幅も大きくなるようですが、特に15時過ぎに蟹座16度に進むと、冥王星と180度を形成して、さらに感情の波は高まる可能性もあります。
しかし、これに乙女座14度の木星が上手く調整力を働かせますので、感情の高まりを上手く、行動に結びつけることも可能となります。
普段、物怖じしているものにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

DSC_0761.jpg

コメント(11)

2016年06月06日 05:29
月は蟹座へ帰還

月は蟹座へ帰還

本日12時43分 月は本来の座である蟹座へと入ります。
これで新月域は解消され グランドクロスも緩んでまいります。

残る座相は 太陽と金星のコンジャンクション(00度)
これは 良き社交性や優雅さの象徴。

このコンジャンクションと木星の90度
優雅さや快楽の追求が行過ぎる傾向を暗示。


魚座12度の海王星と射手座12度の土星の90度
こちらは劣等感や自己欺瞞といった暗示となります。

こういった矛盾する座相が展開されることは、まさに人間そのもの!
矛盾の重なりが人生であることを星はそのまま語ってくれます。


人間如何に生きるべきか・・・・・・
『未知の部分を残しておくこと』 と芥川龍之介は「侏儒の言葉」の中で語りました。

青山五行的には  『矛盾をそのままにしておく事』 

//////////////////////////////////////////////////

『 第9回プレミアム会員募集 』

お申し込みはこちら

↓↓↓↓↓↓

http://www.aoyama-gogyo.com/premium/form/entry.php
注・入力フォームは前々回のままですがそのままでOKです!

 
または お気軽に直接メールかお電話でどうぞ お待ちしております
第9回プレミアム会員希望と御明記下さい。

mail:info@aoyama-gogyo.com
 tel:03-6802-4045
(電話受付 9:00-21:00年中無休)

DSC_1086.jpg

コメント(13)

前のページ  106  107  108  109  110    >>|