青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  98  99  100  101  102    >>|

2018年02月22日 04:58
金星と海王星のコンジャンクション

本日、魚座13度にて金星と海王星が重なります。
つまり、地球から見ると金星の後ろ、はるか彼方に海王星が位置し、海王星は見えないけれども、金星の方向にあるという事です。


金星=美しさ 上品さ 愛情
海王星=欺瞞 夢幻 宗教 信仰心

これらが重なりますと、非常に敏感な感受性が生成され、異性に対する同情心やセンチメンタル、または耽溺性が顕著となります。
快感に対する感性が鋭くなりすぎている為に、あらぬ道に迷い込んだりする可能性が強くなります。

長年の信頼関係に裏づけされたカップルには、非常に官能的、情緒的、叙情的な時が流れるでしょうが、そうではないケースにおいては、いささかその場限りの感情に任せすぎてしまう傾向が強くなります。
それが運命的な出会いであるかもしれませんが、そうでない場合はスキャンダルに発展することもありえます、

一時の感情に動かされすぎないように注意が必要です。

現在、この2惑星のほかに太陽と水星も魚座にありますので、いやがうえにも耽美性は高まっている時ですから、尚更です。

それに加え、この金星と海王星は射手座16度の火星とこれから数日間はスクエア=90度の関係をタイトにしてゆきますので、ここで発生した恋愛が順調に育まれるには、多くの試練がありそうなのです。


そんな意味では、従来からのカップルにも、お互いを思いやる気持を持つことが有利に働く時です!

SC_9084.jpg

コメント(15)

2018年02月21日 06:27
月は牡牛座に

本日04時13分に月は牡牛座に入りました。
これにより、魚座02度の太陽、05度の水星と終日、調和的な角度となり、全般的にスムーズな流れとなってゆきます。
正午に月は牡牛座04度に達し、山羊座06度の土星とも調和的になって行きます。
月と土星のトライン=120度は節度や実質的計画性などを表しますので、実際的な場面ではそうとうなポテンシャルを発揮できる時となってゆきます。

月のある牡牛座も、土星のある山羊座も、共に地の星座ですので、現実的な計画にはもってこいの時であります。
実務やお金のやり取りや、売買に関しても実利のあるときといえます。

特に、アスペクトで云うところの、「小三角形」という30度30度120度の二等辺三角形を土星と太陽と月で形成いたしますので、物の流れと情の流れが融合する、めったにない好機となるのです。

明日には月が牡牛座後半を行くことになり、山羊座10度の冥王星とも120度の調和を作り出しますので、明日いっぱいは充分に継続する良き座相となります。


ましてや今は、全天体順行の時であります。
今やらないで、どこでやりましょうか?
将にそんなタイミングの本日と明日の座相です!

//////////////////////////////////////////

アメブロもクリックしていただけると違う画像があります

https://ameblo.jp/vinokoike/

SC_9085.jpg

コメント(14)

2018年02月20日 06:36
月と冥王星の90度

本日11時頃に月は牡羊座20度に達します。
これが山羊座20度にある冥王星と90度を形成いたします。この意味は、思い違いに気付くといったことになりそうです。

どのような思い違いかというと、この月が冥王星と重なっていた13日頃に心に描いたことであります。

月と冥王星の重なりは、新たな生き方の方向性や考え方が生じるという暗示となりますので、12日、13日に思い描いたことが、本日のロアースクエアにて結果が出るという意味となります。

その結果が好ましいものか、そうでないかは個人の受け取り方によって、全く異なることは言うまでもありません。


ちょうど12日 13日というとバレンタイン前日でありますから、その理想がかなった方は、これからどのように関係性を保つかに思案しなければならないであろうし、見事に玉砕した方も、考え方の方向を変えて行かなければならないと言うことになります。

恋愛に限らず、仕事上、人間関係上のビジョンも同じように見直し、考え直し、点検が必要なのでしょう。


そして深夜には、牡羊座25度にて月と天王星が重なります。こちらは独自の考え方で道を拓くと言う事になりますので、また新たな目標や行くべき道が見つかる暗示であります!

//////////////////////////////////////////

アメブロもクリックしていただけると違う画像があります

https://ameblo.jp/vinokoike/

SC_9047.jpg

コメント(26)

前のページ  98  99  100  101  102    >>|