青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  98  99  100  101  102    >>|

2016年05月01日 06:21
霜なくて曇る八十八夜かな・・・・・正岡子規

夏も近づく八十八夜♪
本日は立春の02月04日から数えて88日目です。
これは 春から夏に移る節目の日。
霜も降りなくなり、夏の準備をする日とされております。

この日に摘んだお茶は、災いを除く縁起物とされます。

偶然かもしれませんが 本日は牡牛座11度に進んだ太陽と乙女座13度の木星が120度の許容角内に入ってゆきます。
これは 順調 繁栄 拡大などを暗示する素晴らしい座相であります。
日曜日でもあり、連休の真っ只中でもあります。
この座相は、レジャーや遊行にも大いに使えます。
楽しいことも、普段に倍しますので、こんなときは徹底的に楽しむことが吉となります。

明日もこの座相はタイトになってゆきますので、その暗示は更に高まります。

DSC_0770.jpg

コメント(23)

2016年04月30日 05:42
05月前半概況2016

金星が牡牛座に入り、金星の力が甦って始まる05月となりました。
逆行天体は水星・火星・木星・土星・冥王星です。
この期間を通して 太陽・水星・金星は牡牛座にあります。
このステリウムが乙女座の木星・山羊座の冥王星とトラインを作ってゆくこの05月前半は、多くの物質的幸運の要素が散りばめられております。
マテリアル面では非常によき、有望な期間となるでしょう。


01日 「♪夏も近づく八十八夜」で知られる茶摘みのシーズン。
夏も近づくとは もうすぐ立夏ですよ!という知らせの意味。
立春から数えて88日目の事です。


02日 月が魚座で海王星と近づきます。妄想力の増大です。


03日 魚座の月・海王星、乙女座・木星、射手座土星のTスクエアですので アクセルもブレーキも両方踏むようなもどかしさがあるかも知れません。


05日  太陽が牡牛座15度に進みます。これを東洋暦では『立夏』と称し、夏の到来です!


06日 月が牡牛座に入り、新月域となります。牡牛座的要素が強くなる数日です。 物質的 保守的な態度が適した時です。


07日 04時31分 牡牛座16度で新月となります。
これは 山羊座の冥王星 乙女座の木星とグランドトラインとなる新月ですので吉兆となるでしょう。特に物質面では良き影響があると思います。 新規開店 新規事業や計画の実行 ビジネスに関することすべてに、普段よりはスムーズな状況が訪れます。または有利な展開が始まるきっかけとなるのでしょう。


08日 月は双子座に移り、新月域解消。
この月が射手座の火星と対向するために、争いごとの発生の暗示です。自重するに越したことはありません!


09日、木星順行に戻る。

10日 月は蟹座に入り、山羊座の冥王星との拮抗が始まります。プライベートと仕事の間で揺れることになりそうです。
連休でのしわ寄せがここに来て噴出するのかもしれません。


14日 逆行の水星と順行の金星が牡牛座16度で鉢合わせといった感じです。このあたりから本格的な仕事モードに入ってゆきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各星座別運気は本日24時 青山五行HPにリリースいたします。 
どうぞご覧くださいませ。

DSC_0697.jpg

コメント(14)

2016年04月29日 05:22
日本では大型連休の幕開け!

本日29日から05月08日まで、日本ではゴールデンウイークとなります。
色々な計画のある方、何の予定も無くもてあましている方、更にはここが一年で一番忙しい仕事期間となる方などなど、さまざまな様式が浮かんでまいります。

夕刻より月は山羊座から水瓶座へと移るので、18時頃より、実感として連休が始まったという開放感を感じてゆくでしょう。

それまでは、月は牡羊座最終度数の金星とスクエア状態ですので、なかなか、素直に楽しめない雰囲気が漂うかもしれません。
牡羊座の金星は、無理やりに楽しまなければいけないという、そんな雰囲気を帯びるのです。

ですから連休初日は、何となくぎこちなく始まるようですが、夜からは、しっかりとリラックスムードが戻ってきます。
休むにしろ、お出かけになるにしろ、開放的な気分が訪れるはずです。
明日は金星が本来の座・牡牛座に入るので、楽しめる、利益が出るなどの暗示が戻ってまいります。

PS:29日00時台に水星が逆行を開始いたしました。お出かけの際の持ち物や車の点検などをしっかりと! 忘れ物にもいつもより気を配りましょう! 

DSC_0681.jpg

コメント(4)

前のページ  98  99  100  101  102    >>|