青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  98  99  100  101  102    >>|

2017年08月31日 06:02
09月前半概況2017

01日、逆行中の水星が、乙女座から獅子座に戻ってしまいます。
この時より、水星と火星のコンジャンクションが04日まで続きます。
これは、技術力の向上・スピード感のある知性・せっかち・巧みな嘘、などを表す暗示となります。
良い方向にも、そうでない方向にも進むことが可能な座相となります。

05日夕方には、まず、火星が乙女座に入って行き、水星が順行となります。

乙女座の火星の特徴は、抑圧された欲求、という暗示を含みますので、むやみな行動は控えめにしたほうが良い時期といえます。
しかし、乙女座の火星は、山羊座の冥王星と調和的な星座関係となって行きますので、忍耐力や胆力が養われる時となるでしょう。
06日、月が魚座13度に進み、乙女座13度の太陽と180度となり、満月となります。
この180度をコンプロマイズするものが、山羊座の冥王星であります。
この暗示は、何かが一旦成就して、またそこから、素晴らしい始まりに繋がってゆくという、復活や再興を表すものであります。
これを、何かのきっかけの日とすることは、とても大きなメリットがあると思います。

この満月のもう一つの大きな特徴は、月と海王星がコンジャンクション=重なっている、という事であります。
真円の月の、はるか彼方に海王星が存在しています。
暗示としては、感受性の異様な高まりという事になり、インスピレーションや第六感などが冴え渡ることになります。

そして10日、再び水星が乙女座に入って行きます。
本来の座である乙女座に回帰した水星は、その知力を充分に活かしきります。
特に、実際のビジネス面での進展には加速が付くでしょう。
この時期に、一挙に纏め上げるには有効な座相となります。

このように、乙女座に太陽、水星、火星と入り、それぞれが山羊座の冥王星とトラインの星座関係となりますので、特に仕事や金銭面での大きな復興が始まるとお考え頂いてよろしいかと思います。

特に10日~11日は、月が、同じ地のエレメントの星座である牡牛座にありますので、上記の傾向は更に強まるはずです。


12日、月が双子座に入り、乙女座の水星・火星・太陽、射手座の土星、そして魚座の海王星とミュータブルのクロスを作ります。
この4星座は、環境に上手く適応してゆく星座とされています。
多くの苦難や葛藤を乗り越えて、変容して行くことが出来る期間となります。


本日24時 各星座の運気を、青山五行HPにアップいたします!!
ご高覧のほどを!!

DSC_6393.jpg

コメント(16)

2017年08月30日 05:11
月と土星とリリスの重なり

mailto:aoyama5gyo_go@yahoo.co.jp

昨日申し上げた、月とリリス これが本日はピッタリと重なりますので、月は地球から40万km離れてしまいます。
ちなみに通常は36万kmくらいですので、約1割ほど遠くなるのです。

昨日の記事と重複いたしますが、月とリリスの重なりは不安を煽る座相であります。
ここに、土星が加わるとどうなるのか?

不安で繊細な心を持った少年が、非常に教条的な老人に叱責されているといったイメージが浮かび上がります。

不安な心を隠して、常識的行動にやむなく従うことになります。

この重なりに、木星が天秤座から60度の角度で調和していますので、意志をしっかりと持てば、安定は保てます。

心に負荷をかけすぎると、マイナスのスパイラルに堕ちてしまいますので、明るい事を考え、また、精一杯行動することで、遠い月がもたらす不安を遮ることは容易となるはずです。

世はまさに夏休みの終盤というか、最終局面。
現実に目をむけ。具体的に、一つずつ対応してゆくことが、一番の打開策となってゆきます。
一つ一つ 片付けてゆくことに幸運は宿ります。

DSC_6375.jpg

コメント(16)

2017年08月29日 05:35
上弦の月@射手座


本日、04時49分に月は射手座に入りました。
そして、乙女座06度の太陽と90度をつくり、半月となります。
これは満月に向かう途中の半月ですから、上弦の月となります。

満月に向かう=月が満ちて行きますので、感情は昂ぶり傾向にあります。

射手座の月は、自由気ままな感情を表し、乙女座の太陽は、規律を表します。
行動の指針は教条的なれど、心は勝手に自由に飛び回るといったイメージとなりますので、行動と感情が、上手くかみ合わないことが特徴となります。

加えて、射手座にはリリスがあります。
リリスとは月の最遠隔点を表す座標ですので、月がとても遠くに行き、心は不安に駆られます。

同じ上弦でも、この上弦の月は、気持を乱高下させる強い力を持つようです。

一方では、獅子座03度の金星と射手座の初期度数の月はトラインとなり、優しさや、品のよさに包まれる暗示となりますが、やはり、獅子座も射手座も自由で唯我独尊的な傾向のある星座ですので、乙女座の太陽とは、不釣合いなのであります。

上手い具合に、心の昂ぶりが、恋愛関係にも敷衍してゆけば、良き一日となるでしょうが、相当の愛情と相互理解がある間柄において有効だという限定が付きますが。

DSC_6370.jpg

コメント(5)

前のページ  98  99  100  101  102    >>|