青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  62  63  64  65  66    >>|

2016年05月30日 05:34
月と海王星の重なりが木星と180度を形成


本日 未明、月は魚座12度にて海王星と重なりました。
06時には月は魚座13度に進み、乙女座13度の木星と180度を形成いたします。


海王星は夢の拡大や膨張、木星は現実的 物質的 実際的な拡張を暗示する天体とされております。

この2天体の対峙(地球を挟んで正反対方向)は、とりとめのない意識の膨張を暗示します。
そこに月も絡んできますから、大きな妄想 または壮大なビジョンが渦巻くことになりそうです。


これを上手く現実になぞられれば 大きな成功となりうる可能性もあります。
感情面のみに作用すると、訳もないのに感情が高揚したり、逆にセンチメンタルになったりと、気持ちの揺れが多い時となるのです。


射手座13度の土星が、この180度に対して90度にて分割します。
これは、現実(土星)が空想や現実にギクシャクしたブレーキをかける暗示となります。

中途半端な妄想に終わってしまうよりは、すこし突き抜けてみるのも面白いと思います。

DSC_0688.jpg

コメント(9)

2016年05月29日 05:44
月は魚座に、下弦の月

29日 06時08分 月は魚座に入ります。
20時には魚座08度に進み双子座08度の太陽と90度を組み半月となります。
これは新月に向かう途中の半月なので、下弦の月となります。

太陽の表す意志と月の表す感情とがねじれの関係にある状態を暗示しますので、何となくしっくりこないというのが半月の基本的意味です。

金星も月との90度を終日続けますので、こちらも人気運はあるのに、それを上手く活かせないとか、好きな気持ちを素直に表せないといった現象として表れやすい日となりがちなのです。

深夜には、月は海王星と重なり、意識は空想 妄想にとらわれがちと成りますが、創作やアイデアつくりには適した時期となりえるでしょう。

DSC_1079.jpg

コメント(17)

2016年05月28日 06:33
火星、蠍座に戻る!

火星は冥王星が1930年に発見されて蠍座の守護星となるまでは、蠍座の統治星(守護星)でした。


ですから今でも、火星は蠍座に入ると力が増すのです。

2016年01月03日に火星は約2年ぶりに蠍座へと入りました。
そして03月06日、火星は射手座に入ります。
その後、射手座09度近辺まで進んだところで逆行に転じます。
これは04月17日のことです。

そして昨夜23時過ぎに 火星は蠍座へと舞い戻ったのです。
ここで火星は逆行といえどもその力を増します。
06月29日まで逆行は続き、蠍座23度まで戻り、ここで順行に戻ります。
そして 再び蠍座を去り、射手座に入るのは08月02日となります。


つまり本日から08月02日まで、火星は蠍座にあるということになります。
この意味は、今年の01月03日から03月06日の間にチャレンジして成らなかった事に対してのリベンジ、再挑戦期間となるのです!!

逆行して星座を戻るということの意味は、そのようにとらえることが建設的だと私は、強く考えます。

DSC_11a08.jpg

コメント(19)

前のページ  62  63  64  65  66    >>|