青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

前のページ  39  40  41  42  43    >>|

2016年11月25日 07:03
月と木星の重なり=幸運 VS 金星と冥王星の重なり=執着

昨日少しばかり記した様に、本日は天秤座15度にて、月と木星が重なります。
これは、愛情と物質 双方とも恵まれる暗示です。
木星(豊かなる力を持った父親)と月(美しい娘)のランデブーです。


山羊座15度にては金星と冥王星の重なり。
こちらは愛情への強い執着。
金星(ヴィーナス・美・愛)と冥王星(あの世にひきずり込むほどの力)の同行です。

この2つのタイトなコンジャンクションが90度にて交錯いたします。

90度とは、解決しようにも解決しがたい状況を表す角度と言われます。
180度は衝突して仲直りする場合が多いのですが、90度は女性星座と男性星座間に起こりますので、相互理解が困難となります。

昨日 本日とこの座相は継続し、本日がピークとなります。
妄執には注意が必要です。


・・・・・・・12月星座別詳細運気・最終告知・・・・・・・・

回を重ねる毎に更なる充実!!
圧倒的ボリュームと内容にご期待ください!!
3000字~5000字
 
ご希望の方はメールにて「12月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を添えて御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

DSC_3920.jpg

コメント(15)

2016年11月24日 06:36
金星と冥王星の接近=如何ともしがたい恋心

山羊座の14度を行く金星。
山羊座15度に居座る冥王星。
タイトなコンジャンクションを形成して行きます。

ここから数日間 恋心が強く刺激を受けます。
独占欲 嫉妬心 が相当な高まりを見せます。
これが山羊座ですから 表面的には平静を装った分、内部のジェラシーの炎は更に昂ぶります。

一方では天秤座に入った月が火星と120度をとりつつありますので、感情と行動の誤差も出ないので、ストレートに気持ちをぶつけたくなります。


本日は まだしも明日は、天秤座の木星に月が重なり、山羊座の金星と冥王星に90度となりますので、更なる気持ちの高鳴りが起こります。

仕事においてもプライベートにおいても、本日中に出来ることは片付けておく事をお勧めいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月星座別運気詳細の頒布
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

回を重ねる毎に更なる充実!!
圧倒的ボリュームと内容にご期待ください!!
3000字~5000字
 
ご希望の方はメールにて「12月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を添えて御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

DSC_3929.jpg

コメント(16)

2016年11月23日 07:10
水星と土星の重なり

本日は終日、水星と土星が射手座の中央で重なります。
これについて多くの解釈は 悪巧みとか 悲観 予定不安などと言われます。
これを否定するわけではないですが、私の考え方は、射手座に入った水星の興味や思考,志向は散漫となりますので、それを土星が上手く制御してくれて、大きな流れを整える堤防のような役目を果たすものだと言うものです。
この水星と土星が天秤座15度の木星と60度の幸角度ですから、尚更にそれは暗示されるかと思います。

日本では本日はお休み、私も昨日の深夜に帰国でき台湾の荷解きです。
今回も多くの収穫がありました。
これから徐々に、お披露目させていただきます。

そして特筆事項は,何と言っても!
ここからは私事であります。

今回はトランスアジア航空の格安ビジネスクラスでの往復でした。
そのトランスアジア航空が、なんと昨日、急に運航を停止したのです!!
2014・15年と連続事故を起こしたことで、経営が悪化、突然の会社解散となったようで、ニュースによると10万人の足止めが予想されるという事でした。
こんなことは椿事中の珍事!! 屋根に上って梯子を外されたようなものです。
帰れない!!? しかし、射手座に入ったばかりの太陽が味方をしてくれたようで、うまく振り替えることができ、チャイナエアーのビジネスに実質的大幅グレードアップで、素晴らしく快適な、絵にかいたような空の旅となりました。まさに怪我の功名、起死回生、地獄から天国!!
今、日本でこれをアップしていることは、奇跡に近いことだと思います。

DSC_38a33.jpg

コメント(34)

前のページ  39  40  41  42  43    >>|