青山五行ブログ

RSS 星の動きと社会的事象、個人的行動がいかにリンクしているかということを検証していきたいと思います。

1  2  3  4  5    >>|

2017年04月25日 05:21
月と木星の180度

度々、記しております、月と木星の座相。
私は一番、好ましい座相の一つに常に月と木星00度を揚げます。

これも、何回も書いておりますが、裕福な父親(木星)と綺麗な娘(月)。
つまりゼウスとアルテミスの同行が、富と楽観をもたらすものであると考えております。

本日はそれが。180度にて対峙いたします。
木星=ゼウスは全能であるゆえに、言い換えれば、やりたい放題!
その娘である月=アルテミスも、言い方によっては気分の抑揚の激しいわがまま娘。

この両者の意見が対立したらどうでしょう?
普段は仲が良く互いに、自慢の相手ですが対立すれば、親しいからこその、互いに苦労を知らぬゆえの激しい争いとなるのです。

信頼と好感ゆえの対立になったとき、人間でも 神でも 肉親の愛憎ほど激震するものはありません。

本日は親しい間にての争いは厳禁です!
まあ、破局に至る心配は無いのですが、山羊座の冥王星が。90度にて入るのでTスクエアとなり、長い硬直状態に入ってしまう危険性があるのです。

恋人同士、やきもちは狐色くらいがちょうどよいのでしょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
05月 各星座詳細運気頒布  最終告知 !

///////////////////////////////////////

    05月詳細運気を西洋占星術とタロットで!

ご希望の方はメールにて「05月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を添えて御送信ください。お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。

SC_5488.jpg

コメント(1)

2017年04月24日 06:13
月と金星のコンジャンクション

月は本日、09時34分に牡羊座に入ります。
それまでは、魚座にて金星と重なっておりますので、快適な朝の時間帯となります。

そしてひとたび、牡羊座に入ると月は俄然、活発な心の動きを強いるようになります。

牡羊座の月は積極的行動を促します。
ちょうど月曜日、週初めにはよろしい配置かと思います。

この牡羊座の月は、双子座の火星とも60度をとりますので、行動力は更に増します。

双子座の火星は多弁、能弁、議論好きという暗示を含みます。
この要素が過ぎて、相手方を論破してはいけません。
相手の矛盾を突いたりして、一時は誇らしいかもしれませんが、されたほうは恨みを持ちます。
ですから口論で勝つということは、あまり良いことではないのです。
そのあたりを認識された上での、積極的な行動には非常に適した日となります!

牡羊座27度を逆行する水星と射手座27度を逆行中の土星がタイトな120度。逆行といえども、これは実務的手腕の高まりを暗示するものでありますから、仕事には非常に適した時なのです。

DSC_5481.jpg

コメント(7)

2017年04月23日 06:00
月と海王星のタイトな重なり

昨日、記した魚座の月と海王星が、本日の明け方頃、ピッタリと重なります。
日曜日ということもあって、未だ深い眠りの中の方がほとんどでありましょう。

月と海王星が魚座で重なるという事は、感情が非常にデリケートになっていることを暗示します。
夢は明け方や、起床寸前の覚醒と睡眠の間で発生するということですので、この時間帯はまさに、夢の多発時間帯となるのではないでしょうか!


正夢 逆夢 荒唐無稽 など色々な夢がありますが、やはり深層の意識が夢を形成していることには、変わりは無いようです。
無意識のうちに望むものが夢の形をとって現れるのかもしれません。

ご自分の望みを再確認するのに、夢の分析は有用なのかもしれません。

こちらも昨日からの継続ですが、金星と土星が90度がタイトです。
不機嫌、気持ちをうまく表せない といった暗示になります。
極力、素直に笑顔にを心がけましょう!

///////////////////////////////////////

・・・・・・05月各星座別詳細運気頒布・・・・・・

    05月詳細運気を西洋占星術とタロットで!

ご希望の方はメールにて「05月運気」とご記入いただき、お名前、生年月日、分かれば出生時間、出生場所を添えて御送信ください。

mail:info@aoyama-gogyo.com

頒布価格は ¥3000 となります。
お申し込み頂いた時にお振込先を送信いたします。

DSC_5479.jpg

コメント(9)

1  2  3  4  5    >>|